ふつうの人の ふつうの相続 相談室

行政書士 : 畑 秀樹(はたひでき)プロフィール

  • 行政書士
  • ファイナンシャル・プランナー

東京行政書士会 葛飾支部所属

相続・遺言書作成を専門とする行政書士・FPの畑秀樹と申します。
東京都は江戸川区小岩を中心にして活動しています。
下町の行政書士・FPとして、
「普通の人の相続」をサポートすることが使命です。

保有資格

  • 行政書士
  • ファイナンシャル・プランニング
    技能士二級
  • 宅地建物取引士
  • 損害保険上級資格
  • 損害保険専門試験(税務・法律)
  • 賃貸不動産経営管理士

「相続税、東京の人は6件に1件」

簡単な対策としては、「家を建てる」のも一つです。   相続税を払っているご家庭の割合はどのくらいかご存知ですか? 東京都内では、なんと、15.7%!! (平成27年度) 6件に1件の割合で相続税が課税されていま […]

詳細を見る
「相続税、東京の人は6件に1件」

「遺言書を書くと相続税が安くなりますよ」

去年の1月から「相続税」のしくみがわかり、相続税を払うご家庭と 払う金額が増えたのはご存知の方も多いと思います。   また、このコラムのコーナーで何度もお伝えしてきた 「存続対策として遺言書を書いておきましょう […]

詳細を見る
「遺言書を書くと相続税が安くなりますよ」

相続税の申告って義務ですか?

相続財産の総額が、「基礎控除」以上でなければ相続税の申告をする必要はありません。 基礎控除とは、3000万円+(相続人×600万円)※ で計算します。 ※平成26年1月1日以降に発生した相続から適用されます。 &nbsp […]

詳細を見る
相続税の申告って義務ですか?

公証役場で作る遺言書をおすすめします

「自筆証書遺言はどうなのですか?」という質問を受けました。 自筆証書遺言は費用がかからないで作成できるという利点があります。 しかしかなりリスクの高い遺言書の形式です。   遺言書は法文書です。 形式が整ってい […]

詳細を見る
公証役場で作る遺言書をおすすめします

不動産の「共有」は避けましょう

1つの不動産を何分の1ずつかで持ち合うことを「共有」と言います。 急に親の相続が発生してしまった場合などに、残された人たちがどう分けていいのかわからず、 「そのままにしておく」ことがよくあります。 それは、いわゆる「不動 […]

詳細を見る
不動産の「共有」は避けましょう

財布を落としました!

先日、財布を落としてしまいました。 家からジムまでバイクで行っていますが、ズボンのポケットから滑り落ちてしまったようです。 何度探しても見つからず、警察に届けましたが連絡はありませんでした。 お客様から頂いた報酬が入って […]

詳細を見る
財布を落としました!

相続財産の分け方

相続財産の分け方は時と場合によって難しいです。   たとえば、不動産が主な財産で残りは多少の現金・・・という家の場合。 ある方の相続人が長男と長女の2人だけだったとします。   その方は同居している長 […]

詳細を見る
相続財産の分け方

相続のときの役割・・・

「相続のとき、どの専門家に何を頼んだらよいのかわかりません」  よくこのような質問を受けます。   それぞれ、役割やできることがダブる部分もありますが、簡単にまとめるとこのようになります。   ・不動 […]

詳細を見る
相続のときの役割・・・