「まるで新築さん」耐震リフォーム

耐震診断

早稲田式耐震診断法

早稲田式耐震診断の実施により、既存建物の耐震性を調査し、適切な耐震リフォーム計画を実施します。

早稲田式耐震診断を全棟実施

建物は常に地震発生時以外に置いても微細な振動を受けて建物自体も振動を起こしています。
早稲田式動的耐震性能診断はこの微細な地盤の振動と、それに起因する建物の振動を同時に計測しその振動データを解析処理する事で建物の振動特性値を求め地震の際に建物がどう地震応答での振動をするかを推測し、耐震性能を測定します。

早稲田式耐震診断

アイホームズ「まるで新築さん」では、お引渡しするすべての建物に対して早稲田式耐震診断を実施し、耐震診断書をお渡ししております。

基礎工事

既存建物の基礎をベタ基礎へ

ベタ基礎

既存建物の多くは、布基礎と言って構造材が地面の湿気にさらされている基礎です。

布基礎だと、湿気やシロアリによる腐食が考えられます。
これからさらに住み続けるための耐震リフォームですので、建物を支える基礎の改修はもっとも大切な耐震工事といえます。

「まるで新築さん」は、既存の布基礎をベタ基礎に変更し、表面的な美観だけでなく、長く住み続けるために、とことん強度を意識した耐震リフォームです。

 

建物の構造材の取替え工事

腐食した構造体は全て交換

腐食している構造材はすべて取替えます。
長年住み続けた住宅の土台、柱は腐食が進み、ほとんど構造的な強度として役に立っていない構造材が多くみられます。

それらの構造材を「まるで新築さん」では全て取替えるか補強し、新築と同じ金物を使用し、現在の耐震基準に合った強い構造体へと生まれ変わらせます。

ワンポイント

間取り変更自由!
耐震リフォームとなると、新築と異なり間取りの自由度が効かないのではないかとご心配される方もいらっしゃると思います。
でも大丈夫!「まるで新築さん」は基礎の改修も行うため、水廻りを含めた間取りの全面改修も可能です。

耐震性

家は地震や火災など、いざという時に自分の身を守る安心できる場所でなければなりません。
アイホームズ「まるで新築さん」では、耐震性や耐火性においても皆様にご安心頂ける家づくりをしています。

耐震設計

耐震設計では、大きく分けて3つの地震力に対して構造的な対策をとらなくてはなりません。
基本的な考え方や、大切なポイントは、何故それが必要か、何故そうなるのかを素直に考えれば、どれもこれも、ごくあたりまえのことばかりです。

  1. 横ゆれ(建物に対して平行にかかる力)
  2. 縦揺れ(建物に対して垂直にかかる力)
  3. ねじれ(建物に対してねじれてかかる力)

建物に対してかかる地震力以外にも地盤も大切な要素です。
アイホームズ「まるで新築さん」は、建物の耐震設計をしっかりと行い、* 建物の耐震診断を行ってからお引渡ししております。

(*)早稲田式耐震診断法により、リフォーム前とリフォーム後の劇的に改善された住宅を確認していただきたいと思います。

木造住宅の耐震補強

 

耐震金具

耐震金具 地震の時には、建物全体に強い力が、前後、左右、の他に上下に働きます。 柱には、筋交いなどの耐力壁の種類や位置によって、強い浮き上がりの力が作用します。このとき、柱が土台や梁から離れ、浮き上がってしまっては、建物はバラバラになってしまいます。
必要な場所に必要な金物で、基礎、筋交い、土台、柱、梁を一体化して働くようにするのが、耐震金物の役目です。

制振装置

SSダンパー ~オイルの力と独自の技術で制振性能~

SSダンパー図解
↑クリックで拡大↑

SSダンパーは自動車などの輸送機に欠かすことのできない
ショックアブソーバーの技術を用いて開発した
木造住宅用制振装置です。
ショックアブソーバーは路面から受け続ける衝撃を吸収し
車内に伝えない役割を果たしています。

その技術を住宅に応用した結果、
住宅の体感的な揺れを軽減させることに成功しました。
クロスは破れにくく家具も倒れにくい、生命の危険も軽減します。

 

安全を上回る安心をご提案

「制振装置」と「耐震構造」の組み合わせでさらに安全性は向上します。

建物の揺れを大幅に抑え
倒壊から守る

SSダンパーは地震が起きた瞬間から揺れを制御し、建物の揺れが増幅することを防ぎます。
阪神淡路大震災クラスの地震が起きた際、建物の変形を半分程度に抑え倒壊のリスクを軽減します。

何度でも振動を吸収。
繰り返す余震にも効果

耐震工法の住宅も、振動を続けることで徐々に接合部が歪みます。SSダンパーは振動エネルギーを何度でも制振性能を落とさずに吸収するため、建物の強度を維持し続けることが可能です。

メンテナンスフリーで
半永久的効果

制振装置には、長期間放置された状態でも性能を維持し続けることが求められます。特殊加工を施すなど、各パーツの耐久性を向上。「20年保証」「温度保証マイナス20℃~80℃」を実現しました。

 

設置例 柔軟な取り付け方法

制振ダンパーは建物の外壁や内壁の軸組の仕口部(柱と梁、柱と桁、柱と土台の交差部)に取り付けます。
また、上下左右裏表、どんな姿勢で取り付けられても、その機能を失うことはありません。

SSダンパー設置例
耐震リフォーム「まるで新築さん」はなぜあなたの悩みを解決できるか