「家の価格以上の価値が持てないと買ってはいけません」

「家がほしい」という気持ちは、お金の面だけで割り切れるものではありません。

ふつうの家族は「みんなで仲良く暮らせるように」と願って家を買いますよね。

ですから、あなた様が家を買うかどうかの判断としては、

「家の価格以上の理由が持てるかどうか」ということです。

 

そこで、前回の質問、『なぜ家を建てたいのか?』

この問いに答えを出すには、

自分の人生とも、そして家族の人生ともきちんと向き合わなくてはなりません。

これまで考えないようにしてきたことにも、逃げずに向き合わなければなりません。

 

きっと、家を建てるということの一番のメリットは、

そうやってご自身の人生に向き合うきっかけになることだと思います。

 

どうか、このステップをないがしろにしないで下さい。

そして、とことん向き合い、納得のいく答えが出せれば、

それはこれからの人生の指針となり得るということです。

言葉を変えれば、「覚悟」が必要になるというわけです。

 

私は、よい家づくりへの始めの一歩は「人生と向き合う」ということだと思います。