「相談相手」について

今日は、「相談相手」について復習しましょう。

相談相手は3種類ありましたね。

1. 住宅会社、設計事務所

2. 自治体、金融機関

3. 友人、知人

 

それぞれのメリットとデメリットは何だったでしょうか?

 

1. 業者への相談は、専門的な知識などを知ることができます。

しかし、はじめから答えが決まっている事が問題でしたね。

要するに、相談したい業者以外で建てるという選択は無いのです。

 

2. その点、自治体や金融機関は第三者の立場なので、公平な相談になります。

しかし、具体的な業者名については、答えてくれません。

立場上、固有名を出してどうこうとは言えないのです。

 

3. 友人知人であれば、本当のことを言ってもらえますよね。

でも、いかんせん素人の意見です。

それに主観で物を言うので、当たりはずれがあるのです。

 

皆さん、相談相手を間違えると「いい家」は建ちません。