鉄骨工事最終工程

鉄骨工事もいよいよ大詰めです。ボルトの接合が終わると、最後に柱脚部に無収縮モルタルを充填します。?と思われた方も多いと思いますが、話は建て方の前までさかのぼります。建物を水平にする為にあらかじめ柱脚部に、レベルモルタルという物を作ります(これも無収縮モルタル)。このレベルモルタルで建て方の精度が変わってしまう程重要な物です。そして一定の高さに揃えられたレベルモルタルの上に鉄骨の柱を建てて建て方となります。

今回の無収縮モルタル充填の作業は、レベルモルタルの周りを全て埋めていく作業のことです。柱脚の周りを枠で囲み液体の様な流動性の高い材料を流し込んでいきます。

材料が溢れ出すと隙間なく充填された事の確認となります。ちなみに無収縮という名の通り、通常のモルタル等に見られる乾燥による収縮が無い為、充填を完了し硬化しても、柱脚の隙間が一切無い安心安全な施工が出来るのです。

金子より