「今、私たちにできること」

この度の「東日本大震災」により、亡くなられた皆様のご冥福をお祈り申し上げます。

また、被災されました皆様、そのご家族の皆様に対しまして、謹んでお見舞い申し上げます。

 

「今、私たちにできること」

今なお、被災された多くの方が、苦難の中におられる。

私たちは今、何をするべきか、私たちに出来ることは何なのかと考えた。

 

工務店の経営者の一人として、被災者の方のことを考えて、

営業と言われるような活動は自粛すべきなのか?

しかし、自粛という名の元に、被災しなかった地方の経済活動が縮小してしまえば、

厳しい財政の日本にとっては、大きな痛手となってしまう。

 

義援金や被災地での作業も大切。

しかし、被災しなかった私たちが、行うべき何よりも大切なことは、

地元で自分たちの仕事を、今まで通り続けていき、

微力でも経済活動に貢献してゆくことだと考える。

 

いつまでも下を向いて落ち込んではいられない。

家づくりは、人生最大の事業のひとつ。

経済にも大きな影響を与えるのもの確か。

今は、家づくりに対して、不安な方が大勢いらっしゃるはず。

なので、私たちは、その不安を解消する情報や、商品、サービスを提供することが、

今一番必要だと感じる。

 

私たちは、今まで通り、「安くていい家」を造り続ける。

「見学会」や「家づくり勉強会」など、家づくり情報の提供も、

自粛することなく積極的に行う。

そのことで、一組でも多くのご家族の、お役に立ちたいと考える。

 

被災しなかった者が、いつも通り、経済活動をきちんと行い、

そして、その結果として生まれるものを、被災地の為に使ってもらう。

それこそが、被災地への最大な支援となることを、私たちは忘れてはいけないと思う。

勇気をもって、日常を守り、頑張るしかない。