いそがされる契約は・・・・・

先日、家づくり無料勉強会に参加された方から、ご相談を受けた。

内容はこうだ・・・

「〇〇建設の営業マンから、今月は決算月なので、すぐに契約をしていただければ、

100万円値引しますと言われて契約してしまったのですが」・・・と。

 

勉強会では、値引をちらつかせて、業者の都合で契約を急がされはダメですよ。

と、アドバイスしていたので不安になったのだろう。

すると、奥様がご主人の名前を、代筆で契約書に書かされてしまっているのと、

100万円の値引の内容が不安で、契約書と見積を持参し、ご夫婦でお越しになられた。

すでに代筆とはいえ契約済なので、心中は穏やかではない。

 

そこで私からのアドバイス・・・

100万円の値引につられて代筆とはいえ、契約書にサインをしてしまった非はあるが、

高級ベンツ3台分にも及ぶ家の契約を、代筆でご主人の名前を書かせた営業マンの

非の方がはるかに上。良心的な業者であれば、そのような契約はしないはず。

不服を申し立てて、撤回してもらうか、契約金をまだ払っていないのであれば、

契約書の返還請求するようにと。

また、私の部下がそのような行為をしたら即刻首です・・・と。

 

ちなみに、100万円の値引額は、素人では分からない見積項目で、もともと増額されていた。

お客様の幸せにつながる家づくりをする業者には、到底思われなかった。