地盤改良工事スタート

地盤調査の結果、地盤改良工事が必要という調査内容が出た場合、地盤改良検討書に基づき適正な地盤改良工事を行わなければなりません。今回は、一般的な湿式柱状改良工法を施工しました。柱状改良工法とは、直径60㎝のオーガーロッドを鉛直に建て込み、検討書で指示された所定の深さまで固化材を注入しながら撹拌混合する工法です。(別名深層混合処理工法とも呼ばれます。)

撹拌混合が終わり、ロッドを抜いたら、所定の高さで杭頭を処理します。

以上の様に、指示された本数を打ち込みます。地盤の状況、建物の規模により、本数や深さが、違うので確実に検討書に従い、施工しなければなりません。

次の工程は根伐り工事(基礎工事の為の掘削)を行います。


金子より