『マンションリフォームって、どこまでできるの?』

こんにちは。磯貝です(*^_^*)

 

『マンションのリフォームってどこまでできますか?』

というご質問をよく受けます。

 

マンションは専有部分と共用部分に分かれていて、

リフォームできるのは専有部分のみです。

専有部分は、玄関ドアの内側からベランダ手前のサッシの内側までです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特にスケルトンリフォームは、構造体のみにするため、

間取りやデザイン変更の自由度は高いですが、

マンションリフォームは専有部分のみのため、

共用部分である玄関ドアやサッシは変更できません。

また、水廻り位置の変更も、管理規約上の問題で、

難しい事があるので、事前に確認しておきましょう。

 

間取りは、専有部分に限り変更可能です。

変更可能な範囲は構造によって異なります。

ラーメン構造の場合は、間仕切りの取り外しが可能なため、

自由度の高い変更ができます。

壁式構造の場合は、柱や梁がなく、壁自体が構造体となるため、

間取りの変更に制限がかかってきます。

 

水廻りの位置の変更は可能ですが、マンションによって、

床勾配の関係上、給排水管、排水管の移動に制約があります。

まずは施工会社に、移動が可能かどうか調べてもらいましょう。

 

 

 

 

 

 

 

あと、工事部分や規模にもよりますが、

解体工事ではかなりの騒音が発生します。

工事前の近隣の方へ挨拶をする際には、

施工会社の方も同行してもらえる業者を選びましょうね。

 

 

❤アイホームズでは、新築はもちろん、戸建の耐震リフォームから、

マンションリノベーションまで、幅広く対応させて頂いております。

 

★ リノベーション、リフォームについて相談したい・・・

★ 大手とどこが違うのか知りたい・・・

★ 耐震について知りたい・・・

★ 外壁や屋根が気になってきた・・・etc.

 

こんな方は、お気軽にご相談下さいね♪