建てると決めたら資金計画を工務店に建ててもらおう!

皆さんこんにちは、五十嵐です。

 

Q まずは全体の流れを教えて下さい

 

A まずは情報収集からスタート

 

「自分の家を持ちたいなぁ・・・・」

とはいえ、何から始めればいいのか、

どんな手順を踏めばいいのかよくわからない・・・

というのが実状でしょう。

そこで、ここでは、

家づくりの全体の流れを見て頂きたいと思います。

 

まずスタートは建てたい家に関する「情報収集」です。

モデルハウスや広告などで、

建てたい家のイメージを明確にしましょう。

 

次に必要なのは資金計画です。

この部分をおろそかにすると、後々トラブルになったり、

作業が停滞する可能性があります。

そういった意味では、資金計画は、

家づくりの「肝」といっても過言ではありません。

 

土地・建物の具体的な要望をリストアップし、

理想の土地が見つかったら、

いよいよ土地の契約に向かっていきますが、

まだ契約をしてはいけません。

できるだけ信頼できそうな工務店に資金計画をしてもらいます。

そして安心・安全を確認してから、土地の契約。

 

ここでパートナーに設定した業者とは、

この後、二人三脚で家づくりを進めることになるのです。

くれぐれも土地の契約を先走ってはいけません。

 

●着工から完成まで

業者との間で「見積もりと建築プランの調整」を行い、

諸手続きが終わると、「住宅ローン」の申請です。

そして、地鎮祭が終わると、いよいよ着工。

これまでイメージしていた住まいが、

現実になるのです。

 

工事が無事に完了すると、各種検査です。

設計士や工事責任者など、

家づくりに携わった人たちが集まり、

図面通りに正しく建てられているかどうかが

厳しく確認されるのです。

 

検査が終われば、これで終了・・・・ではありません。

次に必要になるのが登記という手続きです。

建てた家に関する情報や、権利関係を明らかにする

この手続きが終われば、ようやく入居へ。

 

念願のマイホームに引っ越しましょう。

 

なお、ここでは、流れをつかむために、

大きなポイントだけを示しました。

実際には、もう少し細かな手続きをいくつも経なければいけません。

それらについては、この後のブログで詳しくご説明していきましょう。