家を建てる”きっかけ”はどんなとき?

皆さんこんにちは、五十嵐です。

 

家を建てるきっかけとして最も多いのは、

「家族構成」の変化でしょう。まずは、結婚。

ひとりからふたりになり、新しい家族ができたときが、

ひとつの契機となります。

 

しかし、結婚当初は夫婦ともに若く、

収入や人生設計も安定していません。

ですから、結婚と同時に家を建てる人は少数派です。

 

次のきっかけは、「子供の成長」でしょう。

思春期に入って、子どもが「自分の部屋を持ちたい」

と言い出したとき。

あるいは、2人目の子どもが生まれて部屋数が

足りなくなったとき。

こうした場面で、多くの人が「住まい」のことを

真剣に考えるようです。

 

ほかにも「巣立った子どもが孫を連れて戻ってきたために、

3世代同居の2世帯住宅を建てることになった」

あるいは「夫婦だけで老後を過ごすため、

家を小さく改築する(減築)」というケースも、

住空間を見直す契機かもしれません。

 

家の適正規模や部屋数は家族によって異なるでしょうが、

いずれにせよ、家族構成が変化したときは

住環境を見直す絶好の機会だといえそうです。

 

 

補助制度の利用もポイントに

家族構成の変化以外にも家を建てるきっかけはあります。

例えば、目標にしていた額の頭金が貯まったときや、

土地やマンション、中古住宅など、自分がほしいと

思っていた物件が格安で売りに出されていたとき。

 

さらに、住宅ローン減税などの優遇税制や

補助金(いずれも後述)、住宅取得にあたっての

有利な制度が利用できることも、家を建てる

十分な動機となるでしょう。

 

ローンの返済は長期にわたりますから、補助制度の有無は

トータルの支払い額に大きな影響を与えます。

実際、補助制度や優遇税制を利用すると、支払総額が

数百万円単位で変わってくるケースもあります。

補助制度については、その詳細をよく調べて

うまく活用したいものです。