こだわりはどこまで反映できるの?

予算オーバーという落とし穴

皆さんこんにちは、五十嵐です。

家は、家族の希望を集めた夢の塊のような存在です。

だからこそ、ついあれもこれもと欲張ってしまいがち。

「一生に一度のことだから、長年の夢を実現したい」

と予算的に無理をしてしまうのは、

家を建てる際によくやる失敗です。

 

自分の家を持つのですから、

「これだけはこだわりたい」という点は

誰にでもあるでしょう。

しかし、総予算を出してみたら、

「当初の予定額をわずかにオーバーしていた・・・・」

ということは、珍しくありません。

 

そうなると、こだわりを実現したいがために、

無理をして、月々の支払いを増やしてしまう

ことにもなりかねないのです。

また、設計段階や工事段階で追加オプションを

提案されて、ついつい受けてしまうケースも。

これは後々自分の首を絞めることになりますから、

注意が必要です。

 

 

こだわりを上手に実現するヒント

予算的に無理をすれば、日常の生活で

無理をすることにもなりかねません。

こうした事態を防ぐには、どうすればいいのでしょうか?

まずは、建てたい家の基本的な間取りや

外観を決めることです。

 

次に、こだわりたい部分に優先順位を付け、

予算が許す範囲で採用していくのです。

要するに、こだわりたい部分をただあきらめる

のではなく、可能な範囲でこだわろうということです。

 

引き算ではなく、足し算の家づくり。

こう考えるほうが、満足度はぐんと高くなります。

とはいえ、やはり予算を見直したくなることが

あるかもしれません。

もし、どうしても月々のローンを増やすのであれば、

よくよく家族で検討し、家を建てた後の生活が

どのように変わるか、シミュレーションしてから

実行することです。

 

まずは資金計画をしっかりやってみることからです。

できれば、家づくりのプロと一緒に。

 

せっかく家を建てても、その後の生活が

苦しくなれば家を建てた意味がありません。

家での毎日がすべて良い思い出になるような、

そんな生活が送れるように、

最善の方法を考えていきましょう。

なぜならば、家を建てるのはひとつの手段であり、

その本当の目的は「家族が幸せに暮らすこと」

だからです。