「フラット35」はお得?

これから家を建てる方でしたら、フラット35という住宅ローンを知らない方は少ないと思います。

その名の通り「35年固定金利」で国が制度を決めている住宅ローンです。

 

この「フラット35」の中にある『フラット35S』という住宅ローン金利の引下げ幅が、

今回拡大することになりました。

国の融資制度ですので、国が法律を定めて金利が引下げられます。

 

その拡大される引下げ幅は△0.3%。

つまり、これまでは「フラット35」の金利から△0.3%引下げられていたものが、

△0.6%引下げられることになるんです。

しかも、引下げ期間は最長で10年間(長期優良住宅等の場合)のままということです。

 

でも、△0.3%引下げと聞いても多くの方はあまりピンときませんよね。

そこで、どれくらいお得なのか!

計算してみました。

 

●3,000万円の借入の場合(金利1.37% 35年固定)

《今までの制度の場合》

1年目~10年目 1.07%     月々返済 85,667円

11年目~完済   1.37%     月々返済 88,780円

35年間の総返済金額           36,914,070円

 

《新制度の場合》

1年目~10年目 0.77%     月々返済 81,508円

11年目~完済   1.37%     月々返済 87,579円

35年間の総返済金額                 36,054,731円

 

つまり、支払う利息が859,339円少なくなるということですね。

こちら側は何も変えていないのに、約86万円もお得になる!

すごいことだと思いませんか?

 

冷静に考えてみてください。

確かに昨年の4月から消費税が5%から8%に増税しました。

住宅の購入を考えている方にとってはすごいインパクトですよね。

3,000万円の建物だったら、3%増税されれば90万円の増税です。

でも今回、国が『フラット35S』の金利引下げ幅を拡大したことで、

それがほとんど帳消しになるんです。

 

もちろん、『フラット35S』が一番いい住宅ローンとは限りません。

メリット・デメリットは両方存在します。

どんな住宅ローンが自分にピッタリなのか、専門家に相談する必要はありますが、

検討候補の中に入れることはおすすめします。

 

しかも、「フラット35」の最低金利が1.6%を下回っています。

つまり、『フラット35S』を利用すれば、最初の10年間1%を下回ることになります。

もし、3,000万円の住宅ローンを組んで、当初10年間に金利が1%の場合に

支払う利息の合計は、約266万円。

この間に住宅ローン控除で減額される税金が約260万円。

住宅ローン控除を考慮すると、当初10年は、

ほとんど利息を支払わずにローンを組んでいるということになります。

 

住宅の購入をご検討するのであれば、金利が引下がっている今のうちかもしれませんね(^^)