2015年度 売電価格

皆様、こんにちは。

 

まだ正式なものではありませんが、2015年度の売電価格案が示されました。

大方の予想通り、売電価格は昨年度より引き下げられることになります。

 

まず、昨年いろいろと問題になった太陽光発電の10kW以上は29円(↓3円)となり、

7月からはさらに下がり27円になります。

 

10kW未満の太陽光発電は33円(↓4円)となります。

ただし、九州や四国、中国地区では35円となっています。

これは、設置が義務付けられる出力制御装置費用を上乗せするからです。

 

ちなみに、風力や地熱等は設置数を増やしたいという考えもあり、

売電価格は据え置かれる予定です。

 

今年度の売電価格は、送電網と接続契約をするのが、

4月1日以降の設備に適用されます。

昨年度のように、先に申し込んでおけば、その段階で売電価格が決まったのとは違います。

 

太陽光発電について、最も注意したいのは、出力制御装置です。

これは、電力会社が遠隔操作で、出力を制御するもので、いっぱい発電しても、

全てを買い取らなくなる可能性が残されています。

 

これから家を建てる人はもちろん、既に太陽光発電を設置した人も、

今後の動きには注意して下さいね。