『住宅ローンを組むなら今?!』

『家の買い時』っていつなのでしょう?

消費増税が予定される今、「住宅資金の特別贈与」や「住宅ローン減税」「すまい給付金」・・・。

色々なことを言う人がいます。

でも答えは一つしかありません。

それは、

「住宅ローンを組んで家を買うなら、金利が安い時が買い時です。」

ということです。

 

2,000万円、3,000万円の住宅ローンを組むと、

利息だけで数百万円から1千万円以上になります。

とんでもない高額なお金ですよね。

 

フラット35の金利の推移を振り返ってみましょう。

平成22年4月の最低金利は2.59%でした。

もし、この時、2,000万円の住宅ローンを35年返済で借りると、

35年間で返済できる総額は、30,436,126円。

つまり、1,000万円以上が利息ということになります(>_<)

 

でも、同じ借入条件の場合、平成26年9月の最低金利は1.66%なので、

返済の総額は、26,382,682円です。

 

その差、400万円以上にもなってしまうんです。

金利が0.93違うだけで、払う金額が400万円も違います。

これが住宅ローンのインパクトなんです。

 

つまり、家は金利が安い時が『買い時』です。

でも、問題があるんです。

それは、「金利が一番低いのは、いつなのか?」というのが分からないことです。

これが分かれば、簡単なのですが、専門家でも絶対に特定することはできません。

ですから、一番低いところではなく、「低い辺り」を見極めて家を買うというのが重要になってきます。

 

様々な要素が複雑に絡みますから、決定的なことは言えませんが、

2014年9月の段階で、フラット35の最低金利が1.66%と史上最低の金利をたたき出しました。

5年前に家を建てた人から考えるととんでもない金利です。

ここが底なのか、この金利がいつまで続くのか、誰にも予測できません。

でも、これは家の買い時としてずいぶん後押しになる金利であることは間違いないと思います。