あなたの「マイホーム予算」と「生活」に対する考え方は?

皆さま、こんにちは。

 

今日は、住宅業界で最も読まれている新聞、「新建ハウジング」に、

面白い記事があったのでご紹介します。

 

あなただったら、家を建てる時に次の考え方の中からどれを選びますか?

①生活の楽しみを優先するので、住宅ローンは最小限に抑える。

②ある程度のレベルであれば、価格の安い住宅でも十分。

③将来を考え、多少高いローンを払っても価値の高い家に住む。

 

これらのことは、家づくりを目指す人であれば、必ず考え、そして悩むところですよね。

新建ハウジングさんの結果では、

①42% ②37% ③12% でした。

 

特に、30代の人は②が48%、40代でも②が43%と若い世代では、

いわゆるローコスト住宅で十分と回答しています。

 

若い世代は、長期ローンが組みやすいのですが、

ローンを支払続けるということを、かなり慎重に考えているということが、

この結果から見受けられます。

 

50代以上では、ローコスト住宅は、あまり受け入れられない傾向があります。

この年齢になると、貯蓄も多いので、価値の高い家が欲しいか、自己資金があるので、

住宅ローンは少なくする、という考えが多いようです。

 

中には、ローンを抑えて勝ちの高い家を中古住宅に求める人も増えているようです。

あなた様の考え方はどうですか?