地震保険料が値上げになります

地震・噴火・津波に対する保険として、地震保険があることは皆さんもご存知でしょうね。

この地震保険料が、2014年7月1日より値上げされます。

地震保険は、国と民間が共同で運営しており、

どこの保険会社で加入しても、保険料は同じです。

 

気になる値上げ幅ですが、全国平均で15.5%になります。

地震保険に加入されていない方は、ピンとこないでしょうね。

例えば、地震保険料が一番安い地域の木造住宅であれば、

100万円あたりの年間保険料は、1000円 → 1060円になります。

 

逆に、一番高い地域では、同じ条件ですと、3130円 → 3260円になります。

3倍も差があるの?!

そうなんです。

地震保険料は、安い地域と高い地域の差は、およそ3倍になります。

 

では、ご自身が住んでいる地域は安いのか、高いのか、気になりますよね。

高い地域は、千葉県から和歌山県にかけた太平洋沿岸地域です。

この地域は、南海トラフ地震で、被害が大きいと予想される地域なので、高いのです。

逆に安いのは、この地域から離れたところです。

 

さて、地震保険に加入している、これから加入しようと考えている方に、耳寄りな情報を一つ。

2014年7月1日までであれば、現在の地震保険料なので、できれば最長の5年契約をして下さい。

現在の保険料で5年契約をしている方は、途中で値上げがあったとしても、

追加保険料は発生しません。

最初に費用が掛かりますが、1年あたりの保険料を考えたら、かなりお得になりますよ。