なぜ地域密着で小さな工務店が大手ハウスメーカーより安くできるのか?

ポイント1:膨大な経費のかかるモデルハウスがない

モデルハウスには膨大な経費がかかっています。

土地を借りて(買って)、建物を建てて、そして、ソファーやベットや家具。
さらに人まで雇い、光熱費がかかる・・・。
などなどモデルハウスには、みなさんが建てている家の3倍から5倍ものお金がかけられて作られています。
私達のような小さな工務店では、そんな莫大な経費はかけられません。

ちょっと考えてみてください。

モデルハウスを維持するための経費は、
結局、契約をされる
お客様がご負担されているのです。

私達は、お客様にお値打ち価格でご提供させて頂くために、家の価格をつりあげてしまい、
無駄な経費のかかるモデルハウスは持ちません。

ポイント2:中間マージンがない直接施工

大手ハウスメーカー発注の仕組み

親ガメ、子ガメ、孫ガメの
ような中間マージンもお客様 の負担になってしまいます。
お客様>元請け>下請け>孫請け

アイホームズの発注の仕組み

お客様>弊社>直接施工

 

ポイント3:高給取りの営業マンがいない

大手ハウスメーカーや多くの住宅会社の営業マンが、一体どのくらいの給料をもらっているのかご存知ですか?

1ヶ月に1棟の契約を取る営業マンは、年齢を問わず、

年収で1000万円を楽に超えると言われています。
高給取りの営業マンの人件費は会社経費の多くを占めてしまいますので。

当社は少人数で運営していますが、事業効率や技術力においては第三者機関でも認定業者として認められ、マスコミにも紹介されています。

マスコミ掲載履歴はこちらから

ポイント4:広告費もおさえています

大手ハウスメーカーや多くの住宅会社の新聞広告やチラシは、豪華絢爛なものが多く見られます。一体どのくらいのかけているのかと調べたところ大手ハウスメーカーの広告費は住宅一棟分の30%にもなってしまうとの報告もありました。

新聞広告やチラシだけではなく、テレビやラジオでコマーシャル。有名な芸能人も登場し、多大な経費がかかっています。しかし、やめてしまうと大手のブランド力を維持できなくなってしまい、やめることができません。

私どもは地域密着工務店として40年が経過し、ありがたいことに応援してくださるお客様に恵まれており、ほとんど広告を打つ必要がありません。

ですから、アイホームズでは、そんなに広告は使っていません。

2ヶ月に1回、B4サイズで1色か2色刷りの小さな広告です。

私たちが広告を打つ目的は2つあります。

  1. 家づくりを考えている方に、正しい知識を持っていただくため。
  2. 住宅業界にある非常識と断固戦う姿勢を、住宅業界の人達にも示すため。

いわば広報活動の一環です。

アイホームズの広告はこちら

ポイント5:立派なショールームなんてありません

大手ハウスメーカーや多くの住宅会社は、立派な自社ビルを建てたり、立地
の良いところ(駅近く)に事務所や店舗を借りてショールームを作ったりし
ています。

すてきですよね~。立派なビルにショールーム。確かに私たちも「欲しいな~」と思ってしまうこともあります。
しかし、その維持費もお客様の大切な建築費から出ているのです。
お客様からお預かりする大切な資金です。
私たちは、めいっぱい建物工事費にかけたいと思っています。

アイホームズは、創業して40年間、地道に経営して蓄積した資金で狭い土地に建てた3階建てのビルです。1階が車庫と倉庫、2階が事務所3階は社長の住まいで、経費のかかるショールームなど作るスペースなんてありません。
いつも車が一杯で、お客様にはご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

ポイント6:すべて現金払い(ちょっとややこしいですが)

建設業界の支払い方法は、約束手形というものを使うことが多くあります。
(私どもでは、手形を扱ったことも、実際に見たこともないのですが)半金半手といって、半分は現金、半分は手形で支払うのです。

その手形は約3ヶ月後から6ヶ月後に現金になるのです。

(中には、オール手形と呼ばれる「手形100%」で支払う業者さんもあります)
この方法で支払うと、納入する側も手形の金利を考えて納入金額を決めます。

簡単に説明すると、手形は3ヶ月後(6ヶ月後)に現金になりますがすぐに現金化したいとすると、納入業者は金融機関に手形を持っていきます。
その時に、現金化してもらうわけですが、額面分の現金をもらえる訳ではありません。額面の90%や80%だったりするのです。

そこで、納入業者はその時不足する分を、始めから上乗せして、納入金額を決めるのです。
アイホームズでは、創業以来40年間。一切約束手形は使っていません。
納入業者には全て現金払いです。

納入業者は倒産の心配が少なく、かつ、経費を安く設定することが出来ます。
もし、あなた様のお給料が手形払いだったら?
やはり、3ヶ月後にお金になるよりは、ちゃんと現金で払って欲しいですよね。
業者さんも、もちろんそう考えています。

このことによって、他社よりも安く材料が仕入れられるのです。

これらの6つのポイント以外にも良い家をお値打ち価格でつくる方法はまだまだ書ききれないほどあります。

 

あなた様が本気でお値打ち価格で家づくりを考えているなら
もうひとつ重要なポイントがございます。

私たちは、高品質で末永く安心して住める家をお値打ち価格でご提供することをモットーとして「ロングライフ・安心住宅研究会」を主宰し、墨田区を拠点として、30歳代の子育て世代の方から60才以上のシニヤ世代の方の家づくりを応援しています。

そして、毎月現場見学会を開催しています。

現場見学会の目的は、
「高額な大手ハウスメーカーの家と地元工務店でつくる家は何が違うのか?」
「本当のところ、今はいったいいくらで家づくりができるのか」
「業者に手を抜かせない現場のポイントとは?」
「家づくりの正しい基準とは」
を示すためのものです。

決して売り込みが目的ではありません。

なぜならば、家づくりは売り込むものではなく、自由に選択をするものだからです。
家づくりというものは、工場で作られる製品にくらべ、現場で作る比率が高いことが特徴です。
これは大手ハウスメーカーやプレハブ住宅でも同じです。

ぜひ一度、お客様の将来のライフスタイルや資金計画も考え、お値打ち価格で作っている現場を見てください。そして、その会社の社長や営業マン、監督、職人さんの人柄や見識を確認し、試してください。

スタッフの紹介はこちらから

現場見学会に参加して、家づくりの正しい基準を知ることで、あなた様の家づくりはきっとお値打ち価格で実現し、成功することでしょう。

現場見学会の様子はこちらから

「ロングライフ・安心住宅研究会」主宰
(株)
アイホームズ(五十嵐繁勝工務店)
代表 五十嵐照勝

terukatsu@igarasi.com

アイホームズへメール