角地に家を建てるメリット・デメリット~知っておきたい6つのチェックポイント!

東京で家を建てる時に、利便性を考えると駅近が人気です。また最近は水害に強いなどの視点で高台になっている場所を選ぶ方も増えてきました。このように住む地域をある程度決めたなら、次に決めるのは土地の条件。日当たりの良さ、住環境の快適さです。特に、南向きの角地などは人気が高く、すぐに売買が決まることも多くあります。しかし、角地とはいえ、どんな場所でもいいわけではありません。そこで今回は東京23区のような都市部でのメリットとデメリットと、購入時の6つの重要なチェックポイントを解説していきたいと思います。ぜひ参考にしてくださいね。

角地に家を建てる5つのメリット

角地のメリットは、大きく分けると5点あります。

 

1点目は、日当たりが良く、開放感があることです。2面以上が道路に面し、隣の建物との隣接面が少ないため、視界も抜けやすく隣家の影響を受けにくいのがメリットです。建物の向きによっては日当たりの良さも大きなメリットです。特にリビングなどの居室が南向きであれば、より条件が良いと言えるでしょう。道路や敷地が狭い場合は、日当たりがさほど良くない場合があるので、道路の幅や周辺の建物の高さなども配慮する必要があります。

 

2点目は、設計の自由度が利くことです。角地の場合、道路に面している部分が多くなるため、玄関の位置を選べ、玄関と駐車場とで2方向を利用することもできます。間取りの自由度があり、日当たりの良さを考慮して南側に居室を設けることが可能ですし、玄関などの制約も少ないため、複数の選択肢が可能になります。

 

3点目は、自治体によりますが、角地は建築条件の制限が緩和されることもあります。建ぺい率が10%割増になる緩和措置など、敷地における建物の建築面積を通常よりも増やせる場合もあります。

 

4点目は、防犯上の安全性が高い点です。角地は人目につきやすく、空き巣等に被害が少ないと言われています。

 

5点目は、土地の資産価値が高いという点です。角地は上記のようなメリットがあるため、人気も高く、角地のほうが売買価格も高めになるため、将来売却を検討した際も、資産価値が下がりにいくと言えます。

 

角地に家を建てるデメリット

 

角地にもメリットがあればデメリットもあります。

日当たりが良すぎる場合があることです。例えば、日当たりの良さは、夏の日差し対策が必要です。

 

交通量が多い場合は、車の出し入れ、家への出入りに注意が必要になります。2面が利用できることはプライバシーにも配慮しなければなりません。交通量が多い場合は、騒音対策も必要です。

 

建ぺい率の緩和はメリットですが、一方で建物の高さ制限が付く可能性があります。隅切りと呼ばれる、土地の角を少し削って家を建てる必要があるなどの建築制限もありますので、自治体に事前に確認しておく必要があります。

<関連コラム>
角地緩和~建ぺい率10%アップでも隅切りに注意!

 

資産価値が高い点はメリットですが、購入価格や課税評価も高めになりますので、その点は割り引いて考えておいたほうがよいでしょう。

 

以上が一般的なメリットでデメリットです。しかし、それだけではありません。

 

角地購入時の6つのチェックポイント

角地を購入する際には、以下のような点もチェックしておく必要があるのです。

 

(1) 角地に横断歩道はありますか?
(2) 道路に消火栓はありますか?
(3) 交通量は、どのくらいありますか?
(4) 前面道路に傾斜はありますか?
(5) その土地の周りは、どのような地形ですか?
(6) ゴミ置き場の説明は聞きましたか?

出典:アイホームズ/五十嵐繁勝工務店~失敗しない家づくりブログ「角地でも買ってよい土地・悪い土地の落とし穴」より

 

では、なぜこのようなチェック項目が必要なのでしょうか。

 

たとえば、角地は交差点のケースが多いわけですので、横断歩道があるケースがあります。横断歩道があると、駐車場の出入り口から5mは離す必要があるため、希望する位置に駐車場が設置できない可能性があるのです。消火栓の位置も同様ですね。

 

さらには、交通量が多いと玄関や駐車場をそもそも作りにくいものです。

 

これらの状況を総合すると、家の前に車庫が創れない。街のゴミ収集車が車を止めやすい条件がそろってきます。すると家の前がゴミ置き場になる可能性があり、夏の臭いやカラスのいたずらに悩まされることにもつながるのです。

 

では、(4)(5)の質問は、どのような問題が発生する可能性があるのでしょうか?

 

その内容は、こちらのブログ「角地でも買ってよい土地・悪い土地の落とし穴」で紹介していますのでぜひチェックしてみてください。

 

 

以上、角地のメリット・デメリットを解説してきました。角地の購入を検討されることがある場合には、以上のようなチェックポイントを踏まえて、検討されることをおすすめします。

土地の選び方について詳しくは、ブログ「角地でも買ってよい土地・悪い土地の落とし穴」も参照してください。

 

墨田区、葛飾区、台東区、荒川区、江東区、足立区、江戸川区に、安くて良い家を建てるなら、アイホームズにご相談ください

アイホームズは東京城東地区で地域密着型の家づくりをしています。

家は、地震や火災など、いざという時に、家族の身を守る安心できる場所でなければなりません。

アイホームズ「ひのき」シリーズは、頑強の基礎と地震による液状化にも対応した「免振工法」による皆様にご納得いただける「安全・安心の家」。構造材に「国産ひのき」を使用した、高気密・高断熱で耐震性や耐火性にも優れた「安くて良い家」です。コロナ禍で、抗ウイルス・抗菌住宅への対応もしています。

長期優良住宅、ゼッチ(ZEH)対応、4階建てまで可能な30年間地盤保証3億円付き木造注文住宅「ひのき」は、東京で建てる地震に強い「最強」の注文住宅です。

東京城東地区の防火・準防火地域で「安くて良い家を建てたい」というあなたの悩みを解決します。お気軽にアイホームズにご相談ください。

免震木造住宅ひのきの概要のご紹介

免震木造注文住宅「ひのき」シリーズを動画でも紹介していますのでぜひ参考にして