東京で注文住宅の土地探しの3つのポイント!

東京の注文住宅の土地探しのポイントについて解説

注文住宅の家を建てたい!と考えたとき、工務店選びと同様に「土地探し」も重要です。

住み慣れた土地でも、新天地でも、土地探しは希望する土地がすぐ見つかる場合、そうでない場合もあります。

そこで今回は、注文住宅の土地探しのポイントについて解説します。ぜひ参考にしてくださいね。

 

東京の注文住宅の土地探し

いわゆる「お宝物件」が出ると、即、買い手がついてしまいます。誰が見ても好条件の土地は、価格が高いか、人気が高く、一両日中に売却済みになることも。場合によっては流通にさえ出ないとこともあります。

地域の不動産会社には、様々なネットワークを通じて地元の物件情報が集まります

市場に流通する前の情報もやりとりさていることも多く、情報の質が違います。1点ものといわれる不動産ですので、いつ、どこで、どんな物件に出会えるかは、やはりタイミングが重要と言えます。

 

土地探しに役立つ小冊子をプレゼント!こちらからお申込みください

 

いい土地に出会うためのポイント

良い土地に出会うために必要なこと

では、いい土地に出会うためには、どのようにすればいいのでしょうか?

どのように情報のアンテナの感度を高めて、どう行動すればいいのか、ポイントをチェックしていきましょう。

 

①基礎情報の収集

マイホームを建てる候補となる対象エリアを決め、物件概要や相場を不動産ポータルサイト、不動産会社の店舗、地域の工務店が提携する不動産会社など、様々な情報ルートでチェックしてみましょう。最寄り駅、駅からの距離、面積などの条件で確認するとおおよそどのような物件が流通しているかがわかります。

公開済み情報には、一部に売却済みとなっている場合もありますので、注文住宅の家づくりは、土地探しと工務店探しは、同時にしたほうがいい土地に出会いやすいといえるでしょう。

土地が見つかってから工務店を探す順番だと、家を建てるのにさらに時間がかかってしまいます。先に工務店を決めた場合は、その工務店の施工エリアで土地探しをするので、既に土地がある場合、建てたいエリアが決まっている場合は好都合です。

ハウスメーカーなどに依頼して建築条件付き土地になってしまうと、提示した間取りのプランから選択していく「売建住宅」になってしまいますので注意が必要です。

 

②優先順位付け

どこに家を建てたいか、どんな暮らしがしたいかが重要  土地と施工会社を同時に探していく際に、事前に検討しておいたほうがよいことがあります。それは、候補地がすぐに出てきたら、どんな視点で選定したいかと、予め不動産会社や工務店スタッフに伝えておくことです。

土地探しの重要なポイントの1つが、タイミングです。

周囲からのサポートが得られるように、考えを事前に共有しておくことも重要です。例えば、以下のような準備をしておくのもよいでしょう。

①理想の条件を家族と相談して洗い出す

希望する土地の条件には様々な要素があるはずです。どんな暮らしがしたいから、どのエリアに住みたいという考え方もあるでしょう。どんな制約条件があるから、これが必須、という考え方もあります。いずれにしても通勤や通学の利便性、周辺環境の良さなど、まずは基本的な条件は検討する必要があります。具体的には、週末はサーフィンや田舎暮らしがしたいから、できるだけ車で出かけやすい立地で、どこどこの駅から徒歩何分程度以内までならOKで、学区も想定しながら、とはいえ、街路樹でもいいから緑もあって、できればちょっと高台がいい、など思いつくまま考えてみてください。

②譲れない条件を3つ決める

次に、この条件だけは譲らないポイントを3つ選んでみましょう。3つに絞るのは、難しいかもしれませんが、家族のお互いの考え方を理解するためにもよい機会になると思いますのでやってみてください。

③不動産会社や工務店スタッフに相談する

そして、「この条件で土地を探してもらえませんか?」と相談できれば、不動産会社や工務店のスタッフも検索条件がわかりやすくなるので紹介しやすくなります。このとき、家づくりのイメージも共有しておくと、「そういうことなら、こんな土地もありますけど」と、入手したばかりの物件を紹介してもらえる可能性もでてきますよね。

 

現地確認

次に、これはと思う土地が出てきたら、実際に現地に足を運ぶのがポイントです。時間帯や天候を変えて何度か出向くほうがよいかもしれません。季節差も知りたい場合は、不動産会社、工務店スタッフに確認するのが現実的でしょう。

現地確認をすると、図面だけだとわからない、土地の個性がわかります。

主に、
・隣接道路の状況、交通事情、騒音・振動など
・緑地や河川などの周辺環境
・都市基盤、公共施設、商店街などの生活基盤
・消火栓・ゴミ収集所・外灯・騒音・臭いなどの生活環境など
例えば、
・敷地が横断歩道の目前のため車庫は設置できなさそうだ、
といった気づきがあるかもしれません。

また、
・起伏や傾斜、利用状況(建造物、コンクリート等の障害物などの有無)
・湿気(日影になる塀などに苔があるといった情報)などです。
このような場合は、少し盛土をする整地費用が必要になる、などのイメージがつきます。

約15分~20分ほどの所要時間があれば、五感で感じる土地の情報もあるでしょう。

何か気になったらメモをして追って関係者に確認しておきましょう。

 

土地探しに役立つ小冊子をプレゼント!こちらからお申込みください

 

土地を最大限に活かす家づくりのために

いよいよ土地の候補が具体的になってきたら現地調査に入ります。その土地でどのような家が建てられるのか、現地の情報は必須です。一般的にどのような調査が行われるのかチェックしておきましょう。

■基礎調査

・土地の広さ、形状
・建ぺい率、容積率、接道、セットバック、斜線規制の有無
・生活インフラの整備状況など

環境・地盤調査

・方位、季節の日照、風、ハザードマップなど
・近隣住宅や施設などの周辺状況
・過去の土地の利用、整地状況など

 

土地の現況と過去の履歴を確認し、その土地の条件に応じた家づくりが必要です。このような現地調査により、様々な想定条件から事前に対策を検討していきます。

多くの物件は、流通前に地域の工務店や不動産会社に集まります。住みたい地域の施工実績が多い工務店に土地探しから相談することが、希望の土地に出会うための近道なのですね。

 

土地探しに役立つ小冊子をプレゼント!こちらからお申込みください

 

まとめ

注文住宅の土地探しは、基礎情報の収集、理想の暮らしと土地の条件の優先順位付け、土地選びがポイントです。流通前の土地情報は地域の不動産会社や工務店に集まります。住みたい地域で施工実績が多い工務店や不動産会社に相談することが、いい土地に出会う近道と言えるでしょう。

 

墨田区、江東区、台東区、荒川区、足立区、葛飾区、江戸川区で、土地をお探しからの注文住宅もアイホームズにご相談ください。

アイホームズは東京城東地区で地域密着型の家づくりをしています。

家は、地震や火災など、いざという時に、家族の身を守る安心できる場所でなければなりません。

アイホームズ「ひのき」シリーズは、頑強の基礎と地震による液状化にも対応した「免震工法」による皆様にご納得いただける「安全・安心の家」。構造材に「国産ひのき」を使用した、高気密・高断熱で耐震性や耐火性にも優れた「安くて良い家」です。

長期優良住宅、ゼッチ(ZEH)対応、4階建てまで可能な30年間地盤保証3億円付き木造注文住宅「ひのき」は、東京で建てる地震に強い「最強」の注文住宅です。

東京城東地区の防火・準防火地域で「安くて良い家を建てたい」というあなたの悩みを解決します。お気軽にアイホームズにご相談ください。

土地探しに役立つ小冊子をプレゼント!こちらからお申込みください