住環境の整え方|快適な家を建てるために

 

家を建てる際、「住環境」が気になる方も多いかもしれません。住環境は家の中と外どちらにも言えることなので、土地探しから家づくりまで全ての工程が住環境に関わってきます。住環境の重要性や快適な住環境を作るポイント、家の中と外それぞれの住環境について、など詳しくご紹介していきます。

 

住環境の重要性

住環境とは、家と家を取り巻く環境のことをいいますが、家の中と外どちらのことも言うなど広い意味で使われる言葉です。家の中の住み心地はもちろん、家の外の安全性や利便性なども住環境に含まれます。住環境は家の快適性に影響を及ぼすため、家づくりの際には住環境を重視して進めていきたいものです。

 

住環境は家族構成やライフスタイルによって「快適」だと感じる要素が異なるため、家族に合った住環境を整備するようにしましょう。

 

住環境は大きく分けて、家の中の環境と家の外の環境に分けられます。それぞれにおいて住環境を整えるためのポイントをご紹介していきます。

 

家の中の住環境について

家の中の住環境は、文字通り家の中で快適に過ごすための環境のこと。家族が毎日生活する空間なので、家族が過ごしやすいような設計・インテリアで家づくりをしたいですよね。家の中の住環境についておさえておきたいポイントをご紹介します。

 

温度や湿度

家の中の住環境における重要なポイントとして、温度や湿度があげられます。夏には冷房を付けて、冬には暖房を付けるという生活をしている方も多いかもしれませんが、家の温度や湿度を快適に保てるような家にすることで、夏や冬に冷暖房を使わずとも快適に過ごすことができます。

 

冷暖房を付けている部屋と付けていない部屋や廊下などには温度差が生まれてしまいますが、温度差をなくすことで体への負担軽減にもつながります。特に冬場はお風呂に入る際の温度差でヒートショックを起こす可能性があるなど危険が伴います。そこで温度や湿度を一定に保てるような設計にすることは住環境を整えるだけではなく健康面でも大きなメリットだといえます。

 

安全性

安全性も住環境のうちの一つ。温度や湿度でもご紹介したように、部屋ごとの温度差をなくすことや家の中の温度を一定に保つことも安全性につながります。家を建てる段階の年齢では特に問題はなかったとしても、何十年も住み続ける家にするためには高齢になったときのことまで考えておきたいものです。例えばお風呂や階段に手すりを設置したり、トイレの扉を外開きか引き戸にしたり、安全性につながる対策は家づくりのタイミングで行なっておくと安心です。

 

暮らしやすさ

住環境を整えるポイントとして暮らしやすさもあげられます。暮らしやすさと聞くと漠然としているように感じられるかもしれませんが、そもそも何に対して暮らしやすいと感じるかは人それぞれ異なります。

 

家づくりをするにあたって、家族が何を重要視しているのか、どのような暮らしをしたいのか、何を幸せに感じるのか、といったことを家族で話し合うことが大切です。家族にとって暮らしやすいと感じる部分を意識して家づくりを行えば家の中の住環境は自然と整っていくはずです。

 

家のまわりの住環境

家のまわりの住環境とは、家の中ではなく外の快適性のこと。家の外の環境に何を求めるかは人それぞれ異なりますが、快適に過ごすためにおさえておきたいポイントをご紹介します。

 

利便性

家は家族が一緒に暮らしておしゃべりを楽しんだりくつろいだりする場所でありながら、生活の拠点でもあります。会社や学校に毎日通っている家族は通勤や通学の利便性が重要ですし、スーパーやコンビニ、公共施設への近さも生活において非常に重要です。

 

家づくりにあたって土地の周辺の雰囲気が良いと感じたとしても、利便性が悪かったら不便に感じることが増えてしまいます。通勤や通学にどのくらいの時間をかけられるのか、お店や公共施設、病院がどのくらい近くにあったら便利なのか、といったことを考えた上で土地を探す必要があります。

 

防犯性

大切な家族が住む家では、防犯性の高さも重要ですよね。実際に住み始めないと分からない部分も多いかもしれませんが、土地を決める前には周辺を歩いてみて雰囲気や人通りなどをチェックするのがおすすめ。夜になると街灯が少なかったり人通りがほとんどなかったりすると不安に感じる方もいますよね。また近くのゴミ置き場が荒れていると治安が良くない可能性もあります。

 

警察のホームページで犯罪発生状況を確認したり、近くに知り合いが住んでいる場合は危ない話がないかどうかを確認したりと、防犯という面でも住環境を整えていきましょう。

 

コミュニティ

家の中は模様替えやリフォームで変えられることも多いですが、周辺のコミュニティは変えることができません。その家に住み続ける限りご近所付き合いが必要になるため、土地を決める前にコミュニティの雰囲気を把握しておきたいものです。

 

こちらも防犯面と同じように、近くに知り合いが住んでいることがあれば事前に確認しておくと安心です。

 

まとめ

家づくりで知っておきたい住環境について、家の中と外それぞれでおさえておきたいポイントをご紹介してきました。一生に一度の大きな買い物である「家」で後悔することのないように、ポイントをおさえながら家づくりを進めるようにしましょう。

 

アイホームズでは、木造住宅や鉄骨住宅の建築、耐震リフォームやマンションリフォームなどを幅広く行っております。東京では土地代が高いことが多いため、資金計画に悩むことも多いかもしれませんが、家づくりだけではなく資金計画も含めてお気軽にご相談ください。

 

墨田区、葛飾区、台東区、荒川区、江東区、足立区、江戸川区で、安くて良い家を建てるなら、アイホームズにご相談ください

アイホームズは東京城東地区で地域密着型の家づくりをしています。

家は、地震や火災など、いざという時に、家族の身を守る安心できる場所でなければなりません。

アイホームズ「ひのき」シリーズは、頑強の基礎と地震による液状化にも対応した「免震工法」による皆様にご納得いただける「安全・安心の家」。構造材に「国産ひのき」を使用した、高気密・高断熱で耐震性や耐火性にも優れた「安くて良い家」です。

長期優良住宅、ゼッチ(ZEH)対応、4階建てまで可能な30年間地盤保証3億円付き木造注文住宅「ひのき」は、東京で建てる地震に強い「最強」の注文住宅です。

東京城東地区の防火・準防火地域で「安くて良い家を建てたい」というあなたの悩みを解決します。お気軽にアイホームズにご相談ください。

『木造注文住宅』アイホームズ「ひのき」

免震・制震・液状化対策工法で建てる、準防火・防火地域で4階建てまでの木造住宅「ひのき」シリーズのご案内

『重量鉄骨住宅』アイホームズ「たくみ」

重量鉄骨で建てる防火地域5階建てまでの共同住宅「たくみ」は免震・液状化対策工法で3億円地盤保証付きです

『耐震リフォーム』アイホームズ「まるで新築さん」

一戸建ての耐震リフォーム「まるで新築さん」は、耐震・断熱・リノベーションに対応しています

マンションリフォーム「まるで新築さん」

マンションリフォーム「まるで新築さん」は、リノベーションで新たな価値を提供します

アイホームズは、墨田区を中心に、木造注文住宅、重量鉄骨の共同住宅、一戸建てやマンションのリフォーム・リノベーションで、あなたの家づくりをサポートいたします。

株式会社 アイホームズ
〒131-0041 東京都墨田区八広5丁目25番4号
TEL:0120-647-147
FAX:03-3613-6149
営業時間:9時00分~18時00分
定休日:なし

宅地建物取引業:東京都知事(2)第097776号
一級建築士事務所:東京都知事 第27177号
建設業許可:東京都知事許可(般-28)第70597号