マイホーム購入のタイミング全集|自分に合った時期を選ぼう

マイホーム購入は、一生のうちでも最も大きなイベントと言っても過言ではありません。大きなイベントであり、金額も大きいため最も大きな買い物だということもできます。大きな買い物だからこそ、マイホームに憧れてはいるものの、購入するタイミングを掴めずにいるという方も多いのではないでしょうか。そこでマイホーム購入において一般的に選ばれやすいタイミングをご紹介するので、自分に合った時期を選ぶための参考にしてみてください。

 

マイホーム購入のタイミング|ライフスタイル

マイホーム購入のタイミングは人それぞれであり、正解・不正解があるわけではありません。一般的には結婚や出産、子供の成長など、ライフスタイルに合わせて決断することが多いようです。購入のタイミングを迷っている方の参考になればと思います。

 

結婚

結婚は人生における大きな転機ですよね。育ててくれた家族との生活や一人での生活から、新たにパートナーとの生活へと変わっていきます。新しく家族を作る「結婚」というタイミングでマイホーム購入を決断することも多いようです。いざ結婚が決まると、家族同士の顔合わせや婚姻届の提出、結婚式、前撮りの写真撮影、各種手続きなど案外忙しく日々が過ぎていくものです。

 

そのため結婚と同時にマイホームを購入するとなると、決めなければならないことが多すぎてキャパオーバーになってしまう可能性も。またパートナーとの揉め事の原因になってしまったり、明確に家計を把握できていなければ資金計画を立てるのに苦労したりするかもしれません。

 

そのため結婚と同時にマイホーム購入を検討している場合、結婚前から計画的に貯金をしておく、結婚後の生活費を明確に決めておくなどの工夫が必要です。結婚後は出産や育休・休職といった変化が起こる可能性も高いということを頭に入れておくようにしましょう。

 

 

出産

マイホーム購入のタイミングで最も多いと言われているのが出産。子供が産まれるタイミングで購入する場合、子供との生活を前提として家づくりを進めることになるはず。結婚後すぐよりも子育てのことを想像しながら家づくりを進められるため、より子育てに適した家にすることができるかもしれません。

 

しかしマイホーム購入の準備は大変なので、妊娠中や出産直後に頻繁な打ち合わせや引っ越しを行うことになると女性にとって大きな負担となります。出産前後のタイミングでマイホーム購入を検討している場合、体に気をつけながら具体的なタイミングを決めるようにしましょう。

 

子供の成長

マイホーム購入のタイミングとして出産の次に多いと言われているのが、子供の成長に合わせたタイミング。子供が幼稚園や保育園に入園、小学校に入学するタイミングでマイホームを購入することが多いようです。幼稚園や保育園、小学校に一度入ってしまうと、転園や転校をする必要が出てくるため、子供への負担が大きくなってしまいます。子育てに適した家にするために必要なポイントを掴めるタイミングでもあるため、家づくりをスムーズに進めやすいかもしれません。

 

注意点としては、結婚後すぐや出産のタイミングに比べて購入時期が遅くなるため、住宅ローンの支払い開始が遅くなってしまうということ。世帯主の年齢にもよりますが、住宅ローンの借入れ金額にも関わってくるため、貯金の状況を考慮しながら決断するようにしましょう。

 

子供の独立

これまでと大きく違うタイミングとして挙げられるのが、子供が独立した後に夫婦二人だけの家を購入するというパターン。子育ての時期に家を購入すると、子供が独立した後に部屋が余ってしまったり、夫婦だけになった時に広すぎて維持が大変だと感じたりすることもあります。しかし子供が独立した後の購入であれば、夫婦二人の好きなように、過不足ない家づくりをすることができますよね。

 

老後の資金計画を立てつつ、長年の貯金や退職金を合わせて一括で購入することもできます。老後に生活が苦しくなってしまうことのないよう、月々の生活費を計算した上で計画的に購入するようにしましょう。

 

親との同居

夫婦どちらかの親との同居というタイミングでマイホームを購入することもあります。結婚後すぐに同居を検討することもあれば、親の介護が必要になって同居を検討するなどパターンはさまざま。親との同居をする場合、もともと親が住んでいた家を建て替えて二世帯住宅にするのか、親が住んでいる家と同じ敷地内にもう一棟建てるのか、など同居の形もさまざまです。家族だけの生活と比べて、夫婦と親、それぞれの意見をまとめる必要があるため、家づくりを円滑に進められるかが最初の関門となるかもしれません。

 

マイホーム購入のタイミング|年齢や収入

結婚や出産、子供の成長などライフスタイルに合わせてマイホームを購入するケースをご紹介してきました。しかしライフスタイルにかかわらず、夫婦の年齢や収入に応じて決断することもあります。

 

年齢

年齢に応じてマイホーム購入を決断することもあるとご紹介しましたが、ライフスタイルと同じように年齢にも正解はありません。20代で決断することもあれば、40代で決断することももちろんあります。一般的には30代で購入する割合が高く、その次に40代、その次に20代や50代と続きます。注文住宅か建売住宅、マンション、中古、など住宅の種類によっても違いはありますが、30代〜40代での購入が約7割を占めているようです。

 

必ずしも購入する人が多い年齢に差し掛かると決断しなければならないというわけではありませんが、購入を迷っている方はぜひ参考にしてみてください。年齢は住宅ローンにも関わってくる問題なので、ライフスタイルとのバランスを見ながら決断すると良いでしょう。

 

収入

年齢が住宅ローンに関わってくるということをお伝えしましたが、大きな買い物であるマイホームの購入は収入面も気になりますよね。収入によって住宅ローンを組める限度額も変わってきますので、決断に関する大きな要素だといえます。家を買うために必要な資金は、マイホームの種類だけではなくお住まいの地域によっても異なります。必要になる金額を事前に把握した上で、収入に応じた家づくりを行いたいものです。「収入が〇〇万円になったら購入しよう」「次昇給したら購入しよう」といった目標を立てて、マイホーム購入を仕事のモチベーションにすることもできますよね。

 

その他のタイミング

 

ライフスタイルや年齢、収入といったタイミングについてご紹介してきましたが、その他にも考えられるタイミングはあります。

 

まわりに合わせて

マイホームの購入はまわりに合わせるものではないという意見もあるかもしれませんが、なんとなく同級生や職場の人、ママ友などまわりの人によるマイホーム購入ラッシュが続くと、自然と意識することもありますよね。そういった意味で、まわりに合わせて購入を検討し、実際に決断に至るというケースも考えられます。まわりの人が購入しているからといって焦る必要はありませんが、購入の時期を迷っている場合は後押ししてくれる要素となるかもしれません。

 

増税前や金利など

増税はマイホーム購入額、金利は住宅ローンに関わってきます。そのため「増税前に購入しよう」「金利が低いうちに契約しよう」と思っている方もいるのではないでしょうか。お得に購入したい場合は決断のタイミングといえますが、ライフスタイルに無理が出ることのないようにしたいものです。

 

まとめ

マイホーム購入は人生最大のイベントと言っても過言ではありませんが、だからこそタイミングに迷ってしまいますよね。そこでマイホーム購入で考えられるタイミングについて、ライフスタイルや年齢、収入などさまざまなケースをご紹介してきました。アイホームズでは、家づくりに関するご相談を承っておりますのでぜひお気軽にご相談ください。

 

墨田区、葛飾区、台東区、荒川区、江東区、足立区、江戸川区で、中古物件を購入してリフォーム・リノベーションをするなら、アイホームズにご相談ください

アイホームズは東京城東地区で地域密着型の家づくりをしています。

家は、地震や火災など、いざという時に、家族の身を守る安心できる場所でなければなりません。

アイホームズ「ひのき」シリーズは、頑強の基礎と地震による液状化にも対応した「免震工法」による皆様にご納得いただける「安全・安心の家」。構造材に「国産ひのき」を使用した、高気密・高断熱で耐震性や耐火性にも優れた「安くて良い家」です。

長期優良住宅、ゼッチ(ZEH)対応、4階建てまで可能な30年間地盤保証3億円付き木造注文住宅「ひのき」は、東京で建てる地震に強い「最強」の注文住宅です。

東京城東地区の防火・準防火地域で「安くて良い家を建てたい」というあなたの悩みを解決します。お気軽にアイホームズにご相談ください。

免震木造住宅ひのきの概要のご紹介

免震木造注文住宅「ひのき」シリーズを動画でも紹介していますのでぜひ参考にしてください。