【重量鉄骨造の防音性】鉄骨ってうるさい?誤解やメリット・デメリットを解説

重量鉄骨の防音性について解説。誤解される方も多いので正しい知識を!

マンション・アパート・都市部の多層階住宅で採用される鉄骨造。しかし「壁が薄いので音漏れがする」という印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。しかし、音漏れの原因が鉄骨造りからなのか、そうでないのかなど、その防音性については、あまり知られていないようです。そこで、今回は、鉄骨造りの防音性の基礎知識についてご説明します。

重量鉄骨と軽量鉄骨

重量鉄骨の製造過程を画像でご紹介します

鉄骨造とは、柱や梁などの構造に鉄骨を使う建築構造のこと。強靭な鋼製素材を使用することで、耐震性が高くなります。「軽量鉄骨造」より「重量鉄骨造」のほうが耐震性が高くなります。

「重量鉄骨造」とは

「重量鉄骨造」は、厚さ6mm以上の鋼材を使用している鉄骨造のこと。軽量鉄骨と同様に工場で鋼材が生産され、現場では溶接など組み立て作業を行います。重量鉄骨は鋼材が厚く剛性に優れています。鉄骨の本数が少ない筋交いなしのラーメン構造(柱と梁で構成される)で建てられます。そのため、軽量鉄骨造や木造よりシンプルな構造になります。

「軽量鉄骨造」とは

「軽量鉄骨造」とは、厚さ6mm未満の鋼材を使用しています。木造と比べ、軽量鉄骨は工場で大量生産され、現場で組み立てる「プレハブ工法」が一般的です。 軽量鉄骨は鋼材が薄く、耐震性を強くするために複雑な構造になりやすい特徴があります。(木造在来工法とほぼ同じ)

 

鉄骨造は木造より防音性が高い

重量鉄骨は防音性が高いという事実

構造の違いで気になるのは「耐震性」と「防音性」です。よく鉄骨造は防音性が高くないと勘違いされている方もいらっしゃいますが、重量鉄骨造は、軽量鉄骨造や一般的な木造と比べて防音性に優れています。一方、軽量鉄骨造は壁も薄くなることが多いため防音性が木造よりも若干良い程度です。 

重量鉄骨造は柱が太いため壁も厚くなり、厚い壁が緩衝材になり防音しやすくなります。 なお、断熱材や壁材や窓の大きさなどにより防音性は大きく変化しますので、防音対策を考慮した部材選びが必要です

なお、木造、軽量鉄骨、重量鉄骨造りのなかで防音性が高いのは「RC造」つまり「鉄筋コンクリート造」です。より防音性が高い住宅を求めるなら「RC造」が必要ですが、設計によっては気密性が高すぎて結露やカビの心配もあったり、建築費用が高額になるというデメリットがあります。

 

重量鉄骨と軽量鉄骨のメリットとデメリット比較

ではあらためて重量鉄骨と軽量鉄骨のメリットとデメリットを整理してみましょう。

 

重量鉄骨

軽量鉄骨

耐震性

柱が太く耐震性が高い

柱が細いので耐震性が劣る

防音性

防音性が高い、柱が太く壁が厚い

防音性が低い、柱が細く壁も薄い

損害保険料

地震・火災保険が
木造住宅より安い

地震・火災保険が
木造住宅より安い

建築コスト

軽量鉄骨より鋼材費が
かかるので高め

重量鉄骨より鋼材費が
少ないので安め

耐用年数

耐用年数が長い(34年)

耐用年数が短い(27年)

固定資産税

軽量鉄骨と同様

重量鉄骨と同様

スペース

柱の出っ張りが
室内に出てしまう

柱が室内に出ないので
すっきりした印象

重量鉄骨は、その鉄骨材が頑強であるため、重量鉄骨は高層建築でも使用される耐震性が確保できます。建築費は木造よりもかかりますが、防音性が高く、また損害保険料も木造住宅より安くなるなど、特に東京のような都市部の防火地域に適していると言えるでしょう。

 

重量鉄骨、軽量鉄骨、RCの耐用年数の比較

重量鉄骨造は耐用年数34年と、比較的長く認められています。

・木造:22年

・軽量鉄骨造(厚さ3mm以下):19年

・軽量鉄骨造(厚さ3~4mm):27年

・重量鉄骨造:34年

・RC造:47年 です。

主な構造のなかでも、RC造の次に耐用年数が長いのが特徴です。

 

「重量鉄骨造」は木造とRC造の中間的な位置づけ

鋼材を骨組みにする鉄骨造は、剛性に優れた耐震性の高い構造です。防音性については、木造よりも高くRC造よりも低い中間的なレベルです。 多くの場合、戸建ての住宅を建築するには、RCよりも重量鉄鋼の多層階住宅が現実的な選択となるでしょう。

 

東京で重量鉄骨住宅を建てるならアイホームズにご相談ください

家は、地震や火災など、いざという時に、家族の身を守る安心できる場所でなければなりません。アイホームズ/五十嵐繁勝工務店の家は、鉄骨5階建てまで、地盤のボーリング調査の結果を基にした「免震工法」が標準仕様です。

重量鉄骨の「たくみ」シリーズは、重量鉄骨と頑強な地盤と基礎により、「免震+液状化」にも対応した最強の免震住宅です。長期優良住宅、ゼロエネ(ZEH)対応、5階建てまで可能な30年間地盤保証3億円付き重量鉄骨住宅「たくみ」は、東京の防火地域で建てる地震や災害に強い「最強」の注文住宅です。

東京で「地震に強い家を建てたい!」というあなたの悩みを解決します。お気軽にアイホームズにご相談ください。
防火地域で3階建、重量鉄骨住宅。地震に強い、広い部屋がつくれる。間取りの自由度が高い。

なお、重量鉄骨住宅たくみシリーズについては、こちらの動画でもご紹介していますのでぜひご覧ください。