子育て世代の現場監督 【金子】

今年もよろしくお願いいたします。

2011年が始まりました。早速ですが、新年最初の工事ブログは、構造中間検査です。基礎の次に受ける検査で、仕上がってしまうと、隠れて見えなくなる重要な箇所を見ていきます。中間検査は第三者機関によって3階建ての場合通常2回行 […]

外壁工事

前回耐力壁について書きましたが、筋かい以外の耐力壁で構造用合板のパターンを書きます。厚さ9mmの構造用合板を指定された釘、(N50)で150mm間隔以内で打ち付けた壁が2.5倍の耐力壁となります。前回も書きましたが、建 […]

筋かいについて

突然ですが、耐力壁という言葉を聞いた事があるでしょうか?建築物を設計する段階で、構造計算を行う事はご存知だと思います。その中で建物の構造上必要な壁量(耐力壁)が決まります。木造建築物は壁の倍率によって強さを変えていきます […]

ホールダウン金物

木造建築物には多種類の金物が使われます。その中で今回はホールダウン金物について書きます。ホールダウン金物とは、柱の引き抜きの力に作用する金物です。ホールダウンは、構造計算により、決められた場所に(柱脚、柱頭)、適応する値 […]

屋根工事

羽子板ボルトでの締付けと各階床パネルを敷き終えると次は屋根工事です。現在一般的に使われている屋根材はコロニアルと呼ばれている材料で瓦に比べてとても軽い材料です。弊社でも採用しております。コロニアルを葺く前に、断熱材を入れ […]

金物締め付け工事

建て方時に建て入れ直しが終了すると、金物で固定していきます。初めに使用するのが、羽子板ボルトです。羽子板ボルトとカンヌキボルトで梁を固定していきます。 この作業が終了すると床の合板を敷きます。床の構造用合板は厚みが28m […]

少し前になりますが・・・。

工事のブログを書いてきましたが、今回は少し休憩して、10月に行った上海旅行について書きます。初めて中国に行ったのですが、上海にある高層ビル群の高さが異常に高いことに驚きました。日本とは違い、地震がないから建てられるという […]

建て方精度の確認

建て方の進捗と並行して行う作業が建て入れ直しです。歪み直しとも言いますが、簡単に言うと柱を鉛直にすることです。この作業は木造だけではなく、鉄骨建て方でも行う作業です。木造の場合柱と梁を組んだら、下げ振りという道具を用いて […]

建て方。いよいよ上棟です。

土台敷きも終わり、木造建物の最重要イベントの建て方工事に入ります。建て方は大安や友引など、良い日を選んで行います。 敷地や、道路の状況にもよりますが、通常はクレーン車を用いて1日で終わります。よって建て方の日が、上棟とな […]

木造工事スタート

基礎工事が完了し、いよいよ木造工事の始まりです。最初は土台敷です。弊社で採用している土台は桧の4寸角で特徴は何と言っても炭のパウダーを塗っていることです。炭パウダーは、防腐、防蟻効果に最適です。一般的には現場で防 […]

外構ブロック工事

基礎工事を終了すると外構工事のコンクリートブロックを積みます。コンクリートブロックの役割は敷地境界を明確にすることや、隣地との高低差の解消等です。通常外構工事は本体建物が完了してから行いますが、墨田区近辺は隣地との空 […]

基礎コンクリート打設工事

配筋検査も終わりいよいよベースコンクリート(耐圧コンクリート)の打設です。打設を開始する前に現場に搬入した生コンクリートを検査します。荷降し検査ともいいますが、ここで実際に打ち込むコンクリートの固さ、塩分含有量、空気含有 […]

ページ « 1 2 3 4 5 »