ローンを返せなくなるとどうなるのか?

ご存知のとおり、住宅ローンは2年や3年で終わるものではありません。

20年~35年という非常に長い返済期間になりますので、その間には、

運悪くリストラなどに合い、収入が途絶えてしまうことも考えられます。

こんなときは、貯金を切り崩して返済に充てながら、次の就職先を探すしかありません。

無理なローンを組んでいなければ、比較的長い期間収入が途絶えても安心していられます。

 

しかし、身の丈以上のローンを組んでいる場合は、悠長なことを言ってはいられません。

最悪の場合ですが、貯金も底をつき、就職先も決まらずに収入が得られない場合は

どうすればよいのでしょうか?

とりあえず、返済先の金融機関の窓口に相談することです。

もの延滞ということになると、翌月は先月の支払い分と合わせて払わないといけないため、

大ピンチに陥ってしまいます。2ヶ月分もとても払えません。

 

万が一、払えなくなることも想定して、住宅ローンを組む際は、連帯保証人を立てることを

金融機関から求められます。しかし、支払期間が長く金額も大きいために、なり手がいないのが

現状です。

そこで、保証機関に保証料を支払うことで、連帯保証人の代わりとすることができます。

あなたが住宅ローンを支払うことができなくなった場合には、保証機関が金融機関への

支払いを全額肩代わりしてくれます。

しかし、あなたの保証機関への支払い義務は残ります。

おまけに延滞利息を含んだ残債を払わなくてはなりません。

多くの場合、利息分だけを最低支払うことで、元金の繰り越しをしてくれるので、

当座はしのぐことができるでしょう。