「マイホームは資産」という幻想

「でも、アパートの家賃と違って、無理してでも払ったお金は、将来の資産になるんじゃない?」

という意見もありますよね。

確かに社会が、バブル期のような好景気の時代でしたら、家も土地も資産だと言えます。

土地は月日が経つにつれ価値が上がり、家は土地が高くて買えない人に貸して家賃を

もらうことができたからです。

お金を生む資産を手に入れるために、投資をしていたことになります。

 

でも、今はデフレの時代です。土地の価値は何年たっても上がりません。

土地も家も、借り手がなかなかいないために貸すこともできません。

お金を生み出す資産とはとても言えないのです。

 

では、家を建てなければいいのか? というとそんなことはありません。

家は、あなたの家族を守っていくために必要なものです。

特に子育てをする場として、マイホームは欠かせません。

 

いってみれば、住宅と土地は「生活財産」です。

お金を生み出す資産ではなく、豊かな生活をするために必要な財産なのです。

大切なことは、今でも住宅と土地は資産だと勘違いして、無理な資産計画を立ててしまわないことです。

 

さて、ここでぜひ確認しておいていただきたいことがあります。

人生最大の買い物とはなんでしょうか?

「家?」「土地?」

「いいえ、それは間違いなく『住宅ローン』なのです。」

例えば、2000万円の住宅を購入することにしたとします。

2000万円といっても、2000万円そのまま買える人は、現金で2000万円ある人のみです。

多くの場合は、住宅ローンを借りるのです。

考えてみてください。

借りたとしても、実際の支払い総額は借りた住宅ローンの金利によって変わりますので、

3000万円になる人もいれば、5000万円になる人もいますし、

中にはなんと1億円を払ってもまだ払い終わらない人もいます。

 

すなわち、家を買うときに最も重視しないといけないのは、「構造」や「会社」「価格」だけではなく、

「資金計画」だということになります。

あなたはこの点を決して間違わないように注意してください。