貯金が出来る人と出来ない人

どんなにお金を稼いでも、気付けば散財してしまってそのお金を貯められない人もいれば、

収入は少なくてもしっかりお金を貯めることが出来る人もいます。

その違いはなんでしょうか?

あなたは、収入から生活費や子どもの学費などの必要経費、趣味のお金などを使って、

残ったお金を貯蓄しようとしていませんか?

 

それではいつまでたっても貯蓄はできません。

お金が貯まる人の考え方はこうです。

「もらったお金の15%を自動的に貯蓄し、残りの85%は好きに使う」

この発想なら、どんなに遣い方をしてもお金は貯まります。

お金が貯まるというより、お金における「人生のつじつま」があうのです。

 

さて、ここで質問ですが、住宅ローンは貯蓄の15%でしょうか?

それとも残りの85%でしょうか?

 

当然住宅ローンは85%の方に含まれるべきです。

ですが、なぜか住宅ローンだけは別扱いとなって、貯蓄の15%を減らしてもかまわないような

感覚になっている人がたくさんいます。

これでは、せっかく住宅を手に入れても後々お金で苦労してしまい、決してうまくいきません。

これは非常に大切なことなので、ぜひよく覚えていただきたいと思います。