ライバルは?

「御社のライバルはどこですか?」

と問われたら、一様に受注で競合する会社名を挙げるか、

「ハウスメーカーやビルダーに決まっているよ」と答えます。

もちろん、それも一つですが、最大のライバルは『お客様の心』です。

 

お客様の心を自分の方に引き寄せない限り、勝利はありません。

ですから、競争相手を意識して、価格の競い合いをしたり、

誹謗中傷したりすることは、敵に塩を送る行為になってしまいます。

 

いつも同業他社のことが気になっていますから、

「どうしたら鼻を明かしてやれるだろうか」

とか、

「あそこの弱い点をどうして分からせてやろうか」

などと、ライバルを意識した情報をお客様に提供しようとします。

これをすればするほど、お客様の心は冷めていきます。

 

競合社のことは一切考えない。

どうしたらお客様の夢を実現するためのお手伝いができるかを伝えていくことです。

このとき、ほとんどの会社は自社の強い点を強調しますが、

弱い点や至らない点を伝えることはしません。

 

しかし、お客様の心の中は

「どんな会社でも長所と短所がある。万全な会社なんてないのに・・・」

なのです。

たとえば、

「弊社は若い社員が多いので、失礼なこともあると思いますが、

気になることがあれば私に直接お申し付けください」

と、問題点と解決策を同時に提示することが大切だと思っています。