「相続で揉めることに財産の多さは関係ありません」

「うちは財産なんかないんだから、相続問題なんて全然関係ないんだよ!」と言われる方がいます。

 

相続で揉めることに実は財産の額は関係ありません。

相続問題では、毎年1万件以上の遺産分割に関する揉め事が家庭裁判所で相談されています。

その数は毎年増え続けています。

そのほとんどが相続財産5000万円以下の(現行の制度では)相続税もかからない

「ふつうの家族」「よくあるご家庭」で起きています。

 

財産が限られているからこそ、揉めるのです。

家や土地がひとつしかないからこそ、揉めるのです。

介護や親の世話をだれがしたか、生前に誰が何をもらったもらっていない・・・

それぞれが主張します。

それぞれの配偶者も口を出してきます。

 

こんな時の解決法の主なものとしては、

○ 生前に財産を分ける

○ 遺言書で財産の分け方を指示しておく

などです。

 

こうした準備をきちんとしておくことで、亡くなった後に家族が家族でなくなってしまうことや、

兄弟が兄弟でなくなってしまう悲劇を多くの場合に防ぐことができます。

 

最後の「親の義務」「子どもにしてやれること」です。