「焦りは禁物です」

消費税増税前や年末、年度末になると、営業マンがよく言うセリフがあります。

それは、

『増税前に建てないと損をします』

『○○万円値引きするので契約してください』

というセリフです。

 

心の中で、「やった~!得した!!」と思って契約書に印鑑を押す人もいます。

これが悪いというわけではありません。

それまでに打ち合わせをしっかりして、契約してもいいと考えていれば、

少しお得になったかもしれませんね。

 

しかし、契約をしようかどうか迷っている段階の人は、

値引きしてもらったからといって契約することは避けましょう。

 

家は契約を交わした後でも、変更したい部分が出てきます。

少しくらいの変更であれば、住宅会社も飲んでくれるかもしれませんが、

ほとんどは変更による追加費用が発生します。

打ち合わせが不十分であれば、当然変更や追加が多くなります。

気がつけば、値引きしてもらった金額よりも、

変更追加費用の方が多くなっていることもよくあります。

 

住宅会社の考え方としては、値引きしてでも契約を交わし、

その後の変更追加で元を取るということなのです。

住宅会社も企業ですので、利益を出さなければ倒産します。

当然ながら利益を出すために、値引きという損失の穴埋めをしようと動くのです。

 

営業マンが値引きをすると言っても、焦って契約しては、

かえって損をする結果になることもあるのです。