「追加工事のトラブル多発!」

夢のマイホームが完成し、最終金を支払おうとした時、

自分が思っている以上の金額を請求された・・・

契約書には1800万円と書いてあるのに、支払い合計は1850万円になった。ということです。

特に注文住宅の場合は、このようなことが発生しやすいようです。

 

この原因のほとんどは、追加工事によるものなんです。

工事途中でコンセントや照明器具を増やしたり、キッチンの色を変えたりすると、

追加工事費用が発生することがあります。

この時、お客様側とすれば、営業マンや監督が、費用のことを言わなければ、

お金が掛かるとは思わないですよね。

 

しかし、営業マンや監督は、工事が増えたり、商品代金が上がるのだから、

費用が掛かることは分かるだろうと考えるのです。

 

ここがトラブルの原因なのです。

法的に考えると、費用が掛かることを聞いていなかったとしても、

依頼した工事費用は支払う義務があるそうです。

もちろん、全ての住宅会社がそうだということではありません。

多くの住宅会社では、追加工事が発生する場合、事前に費用を伝え、

お客様に承認をいただいてから工事を進めるようにしています。

 

家の価格は、ちょっとした工事でも、何十万も掛かる場合もあります。

最後の最後に予想外の出費は相当厳しいものですし、

それまでの信頼関係が一気に崩壊することもあります。

 そうならないためにも、お客様と住宅会社がしっかりコミュニケーションを図りながら、

工事を進めていくことが大切なのです。