「住宅ローン、どっちがいいの?」

皆様、こんにちは。

 

家を建てる時、ほとんどの方が住宅ローンを利用します。

この住宅ローンには、変動金利と固定金利の2つが存在します。

変動金利は、一定期間は金利が固定されますが、それ以後は変わってしまうもの。

固定金利は、返済終了まで金利が変わらないもの。

 

よく、どっちが得ですか? と聞かれますが、皆様だったら、どちらを選びますか?

 金利の固定期間が短い変動金利を選ぶ方は、固定期間が終了し、

利率が上がったら借換えればいいということを考えています。

 物価や土地の値段が、買った時よりも上がっていれば、特に問題はないでしょう。

今は土地の値段が安いので、この方法を選択する方も多いようです。

 

しかし、一括返済や融資手数料、収入印紙など、様々な費用が掛かりますので、

どうすれば得するのか、その都度考えなければなりません。

そういうのが面倒という方は、固定金利を選んだ方がいいでしょう。

固定期間が5年以下の変動金利型の金利はものすごく安いです。

 

目先の安さにとらわれず、ご自身の性格も踏まえ、選んでくださいね。