「住宅ローンは慎重に検討してください」

皆様、こんにちは。

今日は、住宅ローンについてのお話をします。

 

私たち住宅業界では、着工棟数や住宅ローンの金利など

これから建てていただくことについては、よく話題に上がります。

 

しかし、家を建てた後の方々については、残念ながら、あまり話題に上がりません。

 

家づくりに携わる者としては、建てていただくことも大切ですが、

建てた方々が幸せに暮らしているかどうかということも重視すべきことです。

 特に、不景気になればなるほど、気になって仕方がありません。

 

時々テレビでは、無理な住宅ローンを組んでしまったために、

家を手放さなければならなくなった人たちを報道していますね。

せっかく建てた家を手放すことは、非常に悲しいことです。

 そうならないためにも、資金計画は慎重に考えなければなりません。

 

前にも言いましたが、いくら借りられるか? ではなく、

いくら返済できるか? ということを重視してください。

 

また、月々の返済額もそうですが、ボーナス払いの額をあまり多くしないことです。

ボーナスは、変動する可能性の高い収入です。

それを当てにするのはいいのですが、比重が大きいと、

万が一の時に返済が苦しくなってしまいます。

 

一生に一度の家づくりです。

いい家を建てたいと思うのは当然の気持ちですが、

返済に行き詰まっては、本末転倒です。

 そうならないためにも、資金計画は慎重に立て、

無理のない返済計画をお考えくださいね。