「土地は変化します」

今も昔もよくあるトラブルは、日照権に関することです。

 

簡単に言えば、日当りが悪くなったということですが、

日照権に関するトラブルは、ちょっとそっとでは解決しないことが多いようです。

 

日当りが悪くなった側にしては、日照権の侵害になる行為も、

もう一方の側には、自分の敷地内に法律を順守し、

建築確認許可が出れば、建物を建てる権利があります。

 

両方の権利があるので、どちらかの言い分だけでは

なかなか解決しないのが現実です。

 

南側が田んぼ(畑)で、日当りが良かったのに・・・

南側が空き地だったのに・・・

 

こんな声があちこちで聞こえています。

 

南側に建物がなく、日当りがいい土地だからと言って、

南側いっぱいまで家を建ててしまうと大変です。

 

南側の土地に建物が建ってしまうと、境界付近の部屋は、

確実に日当りが悪くなります。

 

一般的な住宅会社であれば、将来的に日当りが悪くなる可能性を

アドバイスしてくれますが、これも会社や営業マンによりけりです。

 

基本的に田畑は売買しても田畑のままです。

 しかし、決められた手続きをすれば、家を建てることもできます。

 

実際、数年前まで田畑だったところが開発され、

住宅地になっているところもたくさんあります。

土地は永遠に今の状態ということはありません。

将来的にそこに建物が建つこともありますので、

それを考慮しながら家づくりを進めてくださいね。