なぜ、家の中に遊びの空間が必要なのでしょう?

今日は間取りについて考えてみましょう。

間取りも、子どもの成長に大きく影響します。

子どもの教育方針について、夫婦でよく話し合ってください。

結論が出たら、子ども部屋をどうするかを考えてください。

最も大事なことは、常に親子が物理的に会話できるような間取りにすることです。

ごともが何をやっているか全然分からない・・・。

また、快適な部屋だと、食事が済んだらすぐに子ども部屋に入ってしまう・・・。

こうならないよう、気をつけたいですね。

 

例えば、モデルハウスや、間取りプラン集。

そこにある子ども部屋は、明るくて日当りの良い、一番いい場所にあります。

皆さん、実はこれ、一番の問題点なんです。

本来、間取りは子ども中心ではなく、家族中心にしないといけません。

家族中心というと、まず何を思い浮かべますか?

それは“リビング”です。

このリビングに集まりやすいようにしないといけないのです。

自然とみんながそこに集まって来るような間取り。

それも各部屋から、自然に来られるような状態にしておく。

それに何よりもそこが快適でないとダメです。

暗くてジメジメしている部屋では、誰も寄りつきません。

 

皆さん、遊びの空間も必要です。

昔の家は、「遊びの空間」がありました。

土間や、長い廊下がありました。

廊下を行ったり来たり、また走ったりして、お父さんやお母さんに怒られた記憶はないですか?

これも、子どもにとってはいい遊びの空間だったんです。

また、屋根裏、縁の下、納戸が隠れ場だったり。

子どもなりに工夫して、いろんな所を遊び場にしていたんです。

 

それに比べて今の家は?

限られた予算、限られた広さなので、そういう遊びの空間が犠牲になっているんです。

「いかにたくさん部屋をとるか」

「いかに収納スペースをとるか」

それが優先され、子どもの遊ぶ場所がありません。

そのかわり、子ども部屋を広~くしているのです。

遊びの空間は、一見無駄なようですが、子どもの成長にとって非常に重要です。

それは大人も同じです。

一見、無駄な空間。

例えば、床の間とか廊下や縁側など。

これらはやっぱり精神的なゆとりを生む場だと思いませんか?

 

皆さん、次は気密性について。

最近は、気密性を重視した家がもてはやされていますよね。

夏涼しく、冬暖かいと快適に暮らせるからです。

しかし、問題があるんです。

それは、気配が感じられなくなるんです。

また、各部屋が快適ならそこに閉じこもってしまいます。

ある程度の気密性は、必要だと思います。

しかし、内と外の温度差が大きく、出入りするたび体に負担をかけることになります。

ですから、外へ出なくなります。

特に年配の方はそうです。

そうすると、地域との接触が減り、だんだん足腰が弱っていく。

それで、気密性もほどほどにしたほうがいいのではと思うんですか。

 

それから、テレビの問題。

朝、起きたら、すぐにテレビのスイッチを入れる。

食事の時も、テレビをつけっぱなしという家庭って、結構多いのでは。

テレビがついていたら話ができませんよね。

せっかく今日一日あった事を話そうと思っても、テレビがついていると誰も聞きません。

今の時代ですから、テレビを全く見ないというのは難しいでしょう。

しかし、せめて食事の時ぐらいは、テレビを消すことはできるのでは。

こういう努力も、子どもとの時間を増やすために、やってみてはいかがでしょうか。

 

なんのために家を建てるのか?

皆さん、よく考えてみて下さい。

「家を建てること」が目的ではないでしょう?

「健康で、楽しく家族が揃って生活する」

そのために、家を建てるんじゃないですか?

子どもが良い子に育つためには、どんな家にしたらいいだろうか?

それを考えた家づくりをしてくださいね。

 

では、また。