「不動産価値を落とさない」

住まいづくりで失敗しないためのポイントが5つありましたね。

今日は、「不動産価値を落とさない」ことについて復習しましょう。

 

日本の住宅の平均寿命は26年。

そして、15年で建物の価値はゼロになります。

ところが、住宅ローンは30年以上払わなければならない。

と言うことは、常に負債を抱えていることになっているんですね。

 

では、どうすればよかったでしょうか?

そう、誰もがほしくなる土地を選ぶこと。

そして、誰もが住みたいと思う家を建てることでしたね。

具体的には、「駅が近い」「学校が近い」「買い物が便利」「病院が近い」「銀行が近い」

など、生活の便がいい土地でしたね。

 

建物は「クラシックデザイン」、30年たっても買い手がつく家にすることです。

そうするなら、不動産価値は目減りしません。

 

今日のまとめ

皆さん、家を建てるときは、売ることも少し視野に入れて考えてみましょう。