職人の質は大事ですよね

私は、お施主様に、こんなアドバイスもしています。

『大工さんを常雇いしている工務店のほうが、常雇いしていない所より、大工さんの質は良いようです。

それは、常雇いでなければ、工事のたびに大工さんを探してくるので、そのレベルが安定しません。

ただし、常雇いだと仕事が無い時でも給与を払う必要があり、その分コスト高になります。

コストと質は比例しているので、どちらを優先するか決める必要があります。』

 

もちろん、常雇い大工のすべてがいいわけではありません。

そうではないのですが、

大工を抱えているところは、技術にこだわっているところが多いですね。

 

ちなみに、ハウスメーカーには、社員大工は全くいません。

また、最近はハウスメーカー型の工務店も増えています。

工事は全て外注しているんです。

ですから、皆さんが業者選びをするとき、

「大工は常雇いですか?」

と、聞いてください。

 

ところで、いい職人かどうかはどうやって判断すればいいでしょうか?

簡単な方法があります。

『あなたはなぜこの仕事をしているんですか?』

と、質問してください。

熱く語ってくれる人は、いい職人でしょう。

また、自信に満ちた態度で話す人も大丈夫です。

逆に、答えられないような人は、要注意ですね。

 

皆さん、くれぐれも業者選びは慎重に。

いい家になるかどうかは、職人次第ですからね。

 

では、また。