普段の現場を見てください

皆さんが業者を選ぶ際の基準、それは現場の整理整頓です。

私が、いつもお施主様にアドバイスしていることを聞いてください。

 

「信頼できる工務店かどうかは、実際建てている現場を見ることです。

構造見学会などではなく、普通の建築中の現場です。

普段の現場へ行けば、そこでいろんな事がわかります。

例えば、建築材料が丁寧に扱われているか。

煙草の吸殻があちこち散らばってないか。

ラジオがうるさく騒音公害になってないか。

ゴミ置き場にゴミが溢れてないか。

働いている職人さんが、あいさつするか。

新築中の現場が、整理整頓されていて、吸殻も落ちてなく、いつもきれいで、

職人さんは、さわやかなあいさつをする、そういうところがいいですね。

それが、信頼できる要素ですね。」

 

皆さんには、良い材料を使っているかなど、わからないと思います。

さらに、技術力などもみ分けられないでしょう。

だから、見た目で判断するんです。

 

ほとんどの人が、現場で、直感で感じたことだけで、それで判断しています。

でも、間違いではありません。

現場がきれいかどうかは判断基準になるんです。

 

服装や身なりはきちんとしているか。

乱暴な言葉遣いをしていないか。

駐車違反をしていないか。

さわやかな挨拶ができているか。

 

これらは建物の質とは関係ありません。

関係はないのですが、基本が出来ていない業者は仕事も雑です。

また、材料に無駄が出るので、住宅の価格にも影響します。

 

皆さん、現場のきれいな業者を選んでくださいね。

もちろん、見学会だけではなく、普段の現場を見せてくれる業者は信頼できますよね。

 

では、また。