展示場だけ見て決めないでください

前回、業者選びで失敗する人の特徴が2つあると言いましたね。

1. 住宅展示場を見て決める

2. 見積りを複数とる

 

今日は、展示場を見て決める問題点をお話しましょう。

まず、その最大の問題は、選択肢が少なすぎることです。

総合住宅展示場には、たくさんのハウスメーカーが出展していますが、

業者全体からすると、ほんの一部です。

 

皆様が住んでいる地域に、業者がどのくらいあるかといえば、

人口1,000人に対して1社あるんです。

人口が10万人であれば、100社です。

100万人であれば、1,000社ということですね。

 

では、展示場には何社出展していますか?

10社、多くても20社くらいではありませんか?

人口100万人に対してせいぜい20社くらいしかないんです。

と言うことは、1,000社のうちの20社だから、たった2%の中から

決めることになるんです。

これではあまりにも少なすぎませんか?

 

そして、次の問題は、展示場に出展しているメーカーの家は値段が高いことです。

皆様も、うすうす感じているとは思いますが、展示場にかかる経費は半端じゃありません。

その費用は、もちろん契約する人が払っているわけですが・・・

で、その払っている、いえ、払わされている額は、大きな声では言えませんが、

300万円以上でしょうね。

 

展示場を見て決める問題点、もうお分かりですね。

選択肢が少ない、建物以外の費用まで払わされるということです。

では、「見積りをたくさん取る」問題については、次回お話しましょう。

お楽しみに。