坪20万円台の家がなぜ50万円になるのか?

今日はお客様の夢を奪う住宅業界の非常識についてお話します。

 

実は、今日の話は住宅業界の常識です。

ですから、よく覚えておいてください。

 

広告に表示してある価格(はじめに営業マンが言う価格)が見積り時に大きく変わる。

これは住宅業界の常識です。

 

坪単価30万円の家、40坪なら1200万円、これが契約する時には1500万円。

坪単価60万円の家、40坪で2400万円、これが契約する時には3200万円。

 

これは当たり前のようにこうなります。

 

なぜはじめからすべて込みの値段を提示しないのか?

私たちもそのように思いますが、この住宅価格を正直に話したら、

お客さんは振り向いてくれないのです。

 

家を建てる人と住宅会社では、坪単価の意味が異なります。

家を建てる人にとっての建築費は、言うまでもなく、建築工事に関する全ての費用を意味します。

つまり「引渡し価格」、その家を建てるにあたって支払うすべての金額のことです。

 

しかし住宅会社にとっての建築費は違います。

それは、建物の本体を建てる「本体価格」という意味合いが強いのです。

ですから、家を建てる人がイメージする建築費と同じにするには、

この本体価格にオプション料金を追加しなければなりません。

 

オプション料金とは、照明器具やカーテンなどのことです。

そして、それらに外回りの付帯設備工事費や経費がプラスされ、

その合計金額が、あなたに引き渡す価格となるのです。

 

「広告の坪単価を見て、その安さにワクワクしてモデルハウスに行ってみたら、

もらった見積書の金額は大違いだった」

現実はといえば、そんな話が多く聞かれます。

大変悲しいことに、オプション分の注文を繰り返すうちに、

当初の見積り金額の倍近い額にまで膨れ上がってしまった、なんていう話が後をたちません。

 

それで業者は決してあなたに同情しません。

なぜなら、広告の坪単価と見積り価格が大きく違うのは、住宅業界の常識だからです。

 

たしかに本体価格だけですまないのは、パソコンや車など、

付属品を買うことで膨れ上がるのは同じ構造ともいえます。

しかし、「坪単価〇〇円」という言葉にはひっかからないようにしましょう。

 

次回は、家を建てて幸せになる人、不幸になる人についての違いです。

私は家を建てるだけでなく、建てたあともたくさん見てきました。

そのことについてお話をしたいと思います。

それではまた。