いい家を安く買う裏ワザ

今日は、いい家を安く手に入れる、二つの裏ワザです。

 

まずひとつだけ言いたいことがあります。

それは、安くていい家を作る会社は、そもそも始めから努力をしています。

ですから、お客様に提示する価格も最初から正直価格です。

安くして! とお客様から言われて、安くするような住宅会社は、偽者だと言わざるをえません。

 

では裏ワザとはなんでしょうか?

ポイントはお互いにメリットがある。ということです。

 

裏ワザ①

現場見学会に貸す

現場見学会は、住宅会社ならどこでもやっている行事です。

なぜ、なくてはならない行事かというと、

ここで披露する行事を見て、多くのお客様が、いい住宅会社か?

それとも、まかせるのにふさわしくない住宅会社かを確認するための発表の場だからです。

 

家を安く手に入れる方法として、住宅会社に一時的にあなたの家を貸すという方法があります。

たとえば、あなたの家が3月末日に竣工式を迎えるとします。

通常であれば、竣工と同時に引渡しとなりますが、住宅会社に一時的に家を貸すことで、

あなたの手元には臨時報酬が入ってくるのです。

 

引渡しを一週間延ばすことで、住宅会社は、その家を使って現場見学会を開きます。

見学会ですから、見ず知らずの人が新築後、間もない家の中に上り込むというデメリットはあります。


しかし、うれしい特典もあります。

それは、見学会の前後にワックスをかけ直してくれたり、場合によっては、

家具をもらえたりすることもあるかも知れません。

 

通常、このような相談は、住宅会社との契約前にしておくと良いでしょう。

謝礼金額は、住宅会社によって違いますが、1~5万円くらいが相場でしょう。

 

ちなみに私の会社の場合は、お施主様が喜んで現場見学会に家を提供して下さいます。

「私たちも現場見学会に参加して、家づくりの決断をしました。

これから家づくりをする人たちの参考になるなら、喜んでお貸ししますよ。」

と自ら名乗り出てくれるのです。

いつもそういうお施主さんには頭が下がります。

とても感謝しています。

 

裏ワザ②

モデルハウスとして貸す

そして、もうひとつ。

建てた家をモデルハウスとして貸す方法があります。

現場見学会は、2日間、準備も兼ねて、せいぜい1週間も貸せば十分ですが、

モデルハウスとして貸す場合には、3ヶ月から1年くらいの会社もあります。

期間が長いだけに、今現在アパート住まいをしていて、家賃がかかる人や、

子供の転校の問題、勤務先の都合などで、今すぐ入居したいという方にはお勧めできません。

 

でも逆に、急いで入居する必要がない、それよりも、臨時収入の方が魅力的だ。

むしろ、学期末の時期に合わせて引越したい。という方の場合は、

住宅会社に相談を持ち掛けてみることも良いでしょう。

 

では、一般的に、モデルハウスとして貸した場合の報酬は、いくらくらいになるでしょう?

実際は、住宅会社によって異なります。

一概にいうことはできませんが、それでも通常モデルハウスを一棟建築するのにかかる費用が、

数千万円単位であることを考えれば、決して低い金額で借りることはないでしょう。

 

住宅会社によっては、プロのインテリアコーディネーターによって、

家具をセンス良く配置したりします。

運が良ければ、いらなくなった調度品ももらえるかもしれません。

 

ただ、ひとつだけ気をつけてほしいことがあります。

「モデルハウスとして貸していただけませんか? そうすれば謝礼を出します。とてもお得ですよ。」

このような誘い文句で契約を迫る住宅会社もあります。

そして謝礼を出すというエサをぶらさげて、あらかじめ建築費に謝礼分の代金を

上乗せしている場合があるのです。

このケースはごくまれですが、注意するには越したことがないでしょう。

 

次回は、悪徳業者の狙っているお客さんについて話します。

これも気をつけなければいけません。

とかく住宅を購入する上においては金銭感覚が麻痺しています。

そこを悪徳業者は静かに狙っています。

 

それではまた。