ぜひ活用したい!!

前回、耐震改修工事についてちょっとだけお話しました。

今回は予告にもありましたが、「耐震改修助成制度」について調べたことをお伝えしたいと思います。

「耐震改修助成制度」って言われても難しくてわからないですよね・・・まぁ、一言で言えば助成の対象となる

建築物において「耐震診断」・「耐震設計」・「耐震改修工事」を行なった場合にかかる費用の一部を助成する

制度のことです。つまり工事等にかかったお金の一部が戻って来るということなのです。

では、どの建築物が対象になるかと言うと、墨田区の場合は墨田区、葛飾区の場合は葛飾区内の建築物で

昭和56年5月31日以前に着工された建築物(主要構造部が木造)であること。葛飾区においては、地階を

除く階数が2以下(地上2階建て)であること。など区よって条件が異なってきます。

ではでは、助成金は実際どの位あるのか?金額も条件等で変わってきますが、今回は最大金額について

調べました。

これは墨田区の地図です。赤く塗られている部分が

緊急対応地区と呼ばれ、この地区内の助成対象建築物

なおかつ助成対象者が65歳以上の高齢者の場合

耐震診断に7.5万、耐震設計に5万、耐震改修工事

に100万、総額112.5万円(限度額)が助成されるんです。















こちらは葛飾区の地図です。こちらも墨田区と同様に

太枠内の地区が整備地域と呼ばれこの地区内の助成

対象建築物の場合、耐震診断に5万、耐震設計に20万

耐震改修工事に120万、総額145万(限度額)が助成されます。


金額は違えど耐震改修に対してはどの区も力を入れています、上記紹介したのは一部で一番単純なもの

です。区によって対象となる条件も様々で、簡単に助成金をもらえるところも多くありません。現在葛飾区に

計画中の物件も条件は厳しいです。しかしリフォーム工事も決して安い工事ではありません、お客様の

ご負担が少しでも解消されるならぜひ活用したい制度だと私は思います。もちろんそれについても全力

でお手伝い致します。