不幸なペットを増やさないために・・・

言葉は通じなくとも気持が通じ、一緒にいるだけで心を癒してくれるような

ペットを育てていらっしゃる方が多いことでしょう。

私も4才になる雄猫を育てております名前は「チャゲ」

とてもワガママで、気に入らないと直ぐにすねてしまいます。

気分屋で、そんな「子」に家族全員が振り回されておりますが、

今では、なくてはならない家族の大事な一員なのです。




たっぷりの愛情を注いで、飼われていらっしゃる方が大半ではないでしょうか。

ですがその反面、年間で約8万頭の犬と約19万頭の猫が

処分されている事を知り、このようなペットを少しでも減らせればと

これから飼おうと考えている人に守ってほしい事柄を

「環境省」が5つにまとめているのでご紹介したいとおもいます。



① 動物の習性などを正しく理解し、最後まで責任をもって飼いましょう。

② 人に危害を加えたり、近隣に迷惑をかけたりすることのないようにしましょう。

③ むやみに繁殖させないようにしましょう。

④ 動物による感染症の知識をもちましょう。

⑤ 盗難や迷子を防ぐため、所有者を明らかにしましょう。

ペットの幸せは飼い主次第ということを忘れないようにしたいものですね。