クロス仕上げ

工事も終盤にさしかかりました。いよいよクロス仕上げです。石膏ボード下地でちょっと殺風景だった現場が一気に華やかになります。壁、天井、梁などクロスを張るだけでガラッと雰囲気が変わりますね。施工は皆さんご存知の方も多いとは思いますが、パテと呼ばれるもので凸凹やジョイントを埋め、ペーパーをかけて・・・の繰り返しをして下地を作り、そしてクロスを張ります。と簡単に書きましたが、クロスを張る前の下地作りがこの工程に於いて、最も重要なのです。クロスはとても薄く、すこしの凹凸でも目立ってきます。パテ埋め→ペーパーかけの作業を最低でも3回は行うようにしています。

それともう一つ下地の精度も重要です。それは大工さんのボードの張り方です。大工さんは皆仕上がりが奇麗になるようにボードを張ります。職人さんの連携は最後の最後まで重要です。

金子より