今年もよろしくお願いいたします。

2011年が始まりました。早速ですが、新年最初の工事ブログは、構造中間検査です。基礎の次に受ける検査で、仕上がってしまうと、隠れて見えなくなる重要な箇所を見ていきます。中間検査は第三者機関によって3階建ての場合通常2回行います(2階建は1回です)。確認申請を行った行政によるものと、住宅十年保証による検査です。共に見る項目は耐力壁や金物など、構造体に関わるものです。もう一つ、十年保証の検査項目は、防水に関しての確認です(適正な勾配や、立上り等)。

全ての項目に対して細かくチェックしてもらい、全て合格すると、仕上げ工事に向けて進捗していきます。中間検査が、躯体工事と仕上げ工事との大きな境となります。

金子より