外壁工事

前回耐力壁について書きましたが、筋かい以外の耐力壁で構造用合板のパターンを書きます。厚さ9mmの構造用合板を指定された釘、(N50)で150mm間隔以内で打ち付けた壁が2.5倍の耐力壁となります。前回も書きましたが、建物の強度はバランスが大事です。全ての壁を耐力壁とする事は、まずありません。ただ、外壁は全て構造用合板を張ります。そこで、逆に耐力壁としたくない場合は、釘の間隔を150mm以上(通常200mm程度)として一般壁とします。

こうして構造耐力上、バランスの良い建物を構築していきます。

金子より