墨出しについて

捨てコンクリートを打設したら、次は墨出しをします。まず墨出しとは何かを説明します。まず設計図をもとに、実際の形にする為の施工図を作成します。例えば施工図を1/50スケールで紙に描いたとすると、墨出しとは1/1スケールで現場に描くイメージです。まず初めに隣地境界線等から正確な建物位置を出します。それから通り芯、基礎巾等を出します。その時に下の写真の道具を使います。

大体の墨出しはこれだけあれば可能です。まずこの機械はトランシットと呼ばれポイント同士を結んだり、角度を見たりします。

建物は矩(直角)が大事です。建物の規模に関わらず、必ずトランシットで矩を出します。次にスチールテープとスケールで寸法を出します。そして墨つぼで墨を出します。1本の墨が建物の位置や大きさを決めていくので失敗は許されません。作業が完了しても再度確認して次の工程に入ります。

金子より