「安くていい家をつくる会」とは?

「安くていい家をつくる会」という家づくりの考え方がほぼ同じ同志が集結している工務店の会に、

弊社も3年前の発足時から入会しています。(会費無し)

 

その、安くていい家づくりの考え方とは、

丈夫で長持ちする家、建ててからお金がかからない家、そして、子育て世代の方や

シニア世代の方が無理なく手に入れられる、お値打ち価格の家のことを意味します。

子育て世代の方が本当に家が必要なのは、子供が小さい時です。

勉強部屋も欲しいし、友達が遊びに来られる場所も欲しい。

実際のところ、ほとんどの親御さんは、本当にわずかな子供と一緒に暮らせる時期のために、

家を建てるといっても過言ではないと思います。

 

しかし、子育て世代のご家庭には何かとお金がかかります。

せっかく家を建てたとしても、無理なローンでその後の生活が苦しくなってしまっては、

何の意味もなくなってしまいます。

家は家族を幸せにするものであり、人生を苦しくするものであってはならないはずです。

 

本物の「安くていい家」をつくるのは、それほど簡単なことではありません。

家づくりが大好きな地元の工務店が、必死に知恵を出し合って無駄を削り、

真面目にコストダウンに取り組み、ようやく実現できるものです。

私たちの活動や情報をあなた様の家づくりの基準にしていただければ本当に嬉しいです。

 

先日、会員さんである、金沢の工務店さんの見学会に特別に参加させていただきました。

知恵を出し合って無駄(資材調達コスト面や設計施工の工夫)を削る話し合いをしてきました。

(私もヒントを頂き、これからの商品開発に大変役立ちました。)

お盆休みには京都の工務店さんの家づくりを見て、お客様に還元できるヒントを頂いてきます。