敷地いっぱいに家を建てられるのか?

●建物の大きさを決める建ぺい率と容積率

皆さんこんにちは、五十嵐です。

 

たとえ自分の土地であっても、

敷地いっぱいに建物を建てられるわけではありません。

建物の大きさは前回で触れた用途地域ごとに

建ぺい率や容積率などによって規制されています。

 

建ぺい率」は、

敷地面積に対して何%の面積の家が建てられるかを定めたもの。

建ぺい率が低いと、敷地をゆったり使うことになるので、

建物間に空間が生まれ、余裕のある街並みになります。

 

また、「容積率」は敷地面積に対する延べ床面積の割合です。

この容積率によって、必然的に建物の高さが決まります。

 

ただし、建築物の回数を制限するものではないので、

ワンフロアの面積を広くして2階建てにしたり、

狭くして逆に3階建てにしたりと、調整することが可能です。

ただし、建物の高さを規制する条件の他にもあるので、

容積率だけでは決められません。

 

また、物件の位置(角地か否か)や前面道路の広さによっては

例外規定もありますので、注意してください。