土地を購入するまでのステップ

●要望の提出から土地の購入まで

皆さんこんにちは、五十嵐です。

土地探しはどんな手順で進めればいいのでしょうか。

フローチャートと合わせて、具体的な流れを見てみましょう。

 

★・・・建て主が立ち会う項目

☆・・・不動産会社やパートナーとなる住宅会社のみで行う項目

 

★要望の提出・・・

 不動産業者やパートナーとなる住宅会社の担当者に、自分たちの要望を伝えます。

 

☆物件収集・・・

 業者が要望に合う物件の情報を収集します。

 

☆現地確認・・・

 事前確認がきちんと実施しない業者は、良い業者とはいえません。

 

★物件資料提出・・・

 業者によって選ばれた物件が建て主に紹介されます。

 

★現地案内・・・

 提出された資料の中から気に入ったものを実際に確認します。

 

☆物件調査・見積もり・・・

 近隣の調査(※1)、土地の履歴、役所・法律関係の調査(※2)を行います。

 また、造成工事や水道工事が必要あれば、

 その工事費の見積もり(※3)も提出されます。(※は以下参照

 

★土地買付・・・

 予約にあたる行為として、その土地を購入するという意思表示をします。

 (このステップを経ずに契約に至る場合もある)

 

★土地契約・・・

 売り主・買い主(建て主)両者の立ち合いのもと、契約書を交わします。

 ここで売買が成立します。

 

★土地購入・・・

 買い主は土地代金の残金を支払い、売り主は土地を引き渡します。

 ここで土地の所有権の移転を行い、名義を買い主に変更します。

 

 

土地探しを始めてから購入に至るまで、

どれくらいの期間がかかるかは、人それぞれです。

縁もありますので焦る必要はありませんが、

いたずらに時間をかけ過ぎないよう、どこかで思い切ることも必要でしょう。

 

 

近隣調査項目例※1

・学区

・ゴミ置き場

・自治会

・組合

 

役所・法律関係調査例※2

・都市計画

・道路

・上下水道

・遺跡

 

費用の見積もり例※3

・上下水道工事

・造成工事

・測量・開発

 

 

【土地購入までの流れ】

★要望の提出

☆物件収集

☆現地確認

☆物件概略調査

★物件資料提出

★現地案内

☆物件調査・見積もり

★土地買付

★土地契約

★土地購入